脇脱毛で汗が増えるの?噂が本当なのか徹底調査しました!

 
ムダ毛を自己処理する時に、女性が最も気にする部位の一つと言ってもいいのが「脇」ではないでしょうか。

脇のムダ毛なんて、できる事ならば永久に生えてこないで欲しいと思ってしまいますよね。

私は強く思います。

脇のムダ毛が処理されていなかったら、まず見た目が美しくありませんね。

もし男性の目につこうものならば、ドン引きされてしまうかもしれません。

しかし、脇に生えているという事は、何かしらの役割があるのではないでしょうか。

本当に脇のムダ毛を脱毛してしまってもいいのでしょうか。

そこで、今回は脇脱毛のメリット・デメリットについてお話ししようと思います。

脇脱毛のメリットとデメリットの両方を知った上で、どの方法で脱毛・除毛するべきかを考えてみてくださいね。
 

ムダ毛の役割とは?

ムダ毛の役割とは?

 
「元から生えていなければいいのに」、と思ってしまうようなムダ毛も、私たちの体にとって重要な役割があるようです。

例えば「尻尾」など、人間にとって不必要なものは進化の過程でなくなっています。

それなのに、未だに特定の部位にだけ毛が残っています。

この事から、ムダ毛も本来は私たちの体にとって必要なものであるのかもしれませんね。

外部の刺激などからお肌を守る機能

今、毛が残っている部位を考えてみればその役割の検討がつきますね。

例えば、眉毛・まつ毛は目の中にゴミなどの異物が入らないように目を守っています。

鼻毛は空気中のゴミや細菌などを吸い込むのを防ぐために生えています。

空気の綺麗な環境で育った方が都会で生活するようになると、鼻毛が伸びやすくなる事があるそうです。

そして脇には神経やリンパ節などが集まっています。

脇のムダ毛には、これらの大切な組織を守る役目があるのです。

熱が出た時や熱中症になった時などに、脇を冷やすといいと聞いた事はないでしょうか?

また、ワキのムダ毛には腕を動かしたときに皮膚の摩擦を防ぐ働きもあります。

さらに、汗を発散させるという大事な働きもあります。

脇には「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺があります。

そのため、ホルモンなどが含まれた臭いのある汗が出る場所でもあります。

異性を惹きつける「フェロモン」を出すという役割もあるのだそうです。

フェロモンを拡散させるために、脇にムダ毛があるという説もあるようです。

脇の臭いは良い臭いではない気がしますね。

しかし、脇のムダ毛を脱毛したからといって、フェロモンが出なくなるというわけではないようです。

安心してくださいね。

衣服のように体温を維持する機能

体毛には、体温を維持して身体を保温する役割があります。

元々、人はもっと体毛が濃く、その体毛には身体を温めて体温を一定に保つ役割がありました。

体毛が薄くなった現在では、衣服が体毛の代わりをしています。

感覚器官としての役割もある「毛」

毛には何かが近づいてきた時に、危険を察知する感覚器官としての機能も備えられています。

危険から身を守るという本能のようなものですね。

髪には神経がありません。

しかし、触られると分かりますよね。

それが感覚器官としての機能です。

脇のムダ毛処理方法の種類

脇のムダ毛処理方法の種類

 
脇を脱毛する方法には、電気シェーバーなどで自分で処理をする方法と、脱毛サロン・クリニックなどでプロに処理をしてもらう方法があります。

それぞれどのような方法なのかをよく理解し、自分に合った脱毛・除毛方法を選択するようにしましょう。

毛抜きを使った脱毛方法

自分でワキを脱毛する方法の中で、一番お金をかけずにできます。

また、脱毛方法には色々ありますが、毛抜きでムダ毛を抜くという方法が一番簡単な方法でしょう。

1本1本ムダ毛を抜いていくのは相当な手間がかかりますし、何より痛いですよね。

脇を見続けるため、私は首を寝違えたような症状になった事もあります。

雑菌が入りやすく、肌トラブルも起きやすいため、おすすめする事はできない脱毛方法です。

脱毛・除毛クリームを使う方法

脱毛・除毛クリームを使うと、お肌へのダメージは比較的少なくムダ毛を処理する事ができます。

目に見えている部分のムダ毛を溶かしてなくす方法です。

そのため、毛先が丸くなり、生えてくるときにチクチクしないというメリットがあります。

脱毛・除毛クリーム自体で「脱毛」はできません。

除毛した後にムダ毛の成長を抑えるといわれている豆乳ローションなどを使ってみましょう。

効果が出るまでには時間がかかりますが、ムダ毛が細くなったり薄くなるなどの抑毛効果が期待できます。

脇は皮膚が敏感になっている部位です。

敏感肌などお肌の弱い方には脱毛・除毛クリームが合わない事もあります。

パッチテストをしてから使用する事をおすすめします。

自宅で脱毛器を使って脱毛する方法

家庭用脱毛器を使用すれば、ほとんど痛みがなく自分で脱毛する事ができます。

家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛器が主流です。

価格は5万円程度から、さらに高額なものまであります。

価格は、照射面積や出力のレベルなどによって変わってきます。

そのため、自分の毛質・毛量などによって選ぶことをおすすめします。

また、家庭用脱毛器を購入する際は、口コミ等の情報を調べ効果がちゃんと出る商品かどうかしっかり調べましょう。

種類は少ないですが、家庭用のレーザー脱毛器もあります。

こちらは光脱毛と違い、痛みもそれなりにあるようです。

敏感肌などお肌の弱い方には向いていないかもしれません。

脱毛サロンなどで行う光脱毛

光脱毛は脱毛サロンなどで行われています。

複数の波長を含んだ光を照射する事によって、脱毛する方法です。

ムダ毛の「メラニン」と呼ばれる黒い色素に反応する光を当て、毛根にダメージを与えます。

これによってムダ毛が生えてこない、又は生えてきにくい状態にします。

光脱毛は、医療行為ではないため「永久脱毛」とは呼べません。

しかしそれに近い効果を得たり、減毛する事はできます。

また、比較的痛みが少ないというのもメリットの一つだといえます。

医療用のレーザーを使ったレーザー脱毛

レーザー脱毛は医療用のレーザーを使った脱毛方法です。

そのため、次の専門機関でないと受ける事ができません。

医療脱毛を受けるには

  • 美容クリニック
  • 皮膚科
  • 美容外科
  • その他医療機関

「ダイオードレーザー」など、出力の高いレーザーを使用するため、脱毛サロンの施術より痛みが伴います。

部分脱毛でも1回当たり1〜2万円程かかるため、施術回数にもよりますが、脱毛サロンに比べ高額になる場合がほとんどです。

光脱毛より少ない回数で毛根を破壊し永久脱毛ができるため、確実に効果を得たい方はレーザー脱毛がおすすめです。

脇脱毛のメリットと注意点

脇脱毛のメリットと注意点

 
脱毛の方法には、予算や時間によっても色々あります。

脱毛時・脱毛後にどのような注意点があるのかをよく知って、自分で処理をするか、プロに任せて脱毛をするか考えるようにしましょう。

思っているよりも費用はかからない?

皆さんは脱毛サロン・クリニックで脱毛するならどれくらいの費用がかかると思いますか?

例えば大手脱毛サロンのミュゼでは数百円で脇脱毛完了まで施術を受ける事ができます。

とてもお得ですよね!

一方、自分で脱毛をする場合、家庭用脱毛器の購入に5万円以上の出費がかかります。

プロに任せた方が仕上がりも綺麗なので、脱毛サロン・クリニックで施術を受ける事をおすすめします。

光・レーザー脱毛についてですが、毛には「毛周期」というサイクルがあるため、1回の施術では脱毛は完了しません。

個人差がありますが、脇の毛周期は約4か月といわれています。

毛周期とは

 

毛周期には次の3ステップがあります。

毛周期3つのステップ

  1. 成長期
  2. 退行期
  3. 休止期

このうち、成長期のムダ毛にだけ、光・レーザー脱毛は効果を発揮します。

そのため、1回の施術で脱毛ができるのは、その時に成長期だったムダ毛のみです。

脱毛を完了させるには、毛周期に合わせて数ヶ月おきに施術を受ける必要があります。

光脱毛で12回程度、レーザー脱毛で5回程度が目安です。

毛周期についてはこちらに書きましたのでどうぞ。

脱毛に通う回数については、5〜6回で効果を感じられる方もいれば、10回以上施術を受けて満足のいく効果を感じる方もいて、かなり個人差があります。

ミュゼでの脱毛についてですが、キャンペーン以外の契約を強引に勧めたりといった事はないので安心してくださいね。

汗染みができ脇汗が多くなったように感じる

「脇を脱毛すると脇汗が多くなる」という話を聞いた事がある方はいらっしゃるでしょうか?

実際に、脱毛する前は汗をかかない体質だったのに、脱毛をしたら脇汗をたくさんかくようになってしまった、と感じる方もいらっしゃるようです。

しかし、これは汗の量が増えるというよりも、脇の毛が脱毛によって無くなり、汗を吸収してくれなくなったからです。

汗が直接肌をつたうようになるため、汗が増えたように感じる方が多いようです。

しかし、脱毛する事で汗が増える、という事に医学的根拠はありません。

脇のムダ毛がなくなる事で、蒸れにくくなったり、また雑菌が繁殖しにくくなり、嫌な臭いの心配も少なくなります。

お肌がこすれる事による色素沈着に注意

色素沈着と聞くと、シミのようなものが思い浮かびませんか?

脇は日焼けしにくいのに、シミなんてできるの?

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

色素沈着する原因は紫外線だけではないのです。

カミソリなどによる自己処理の繰り返しで、色素沈着(黒ずみ)が起こります。

また、衣服との摩擦によって色素沈着を起こす方もいらっしゃいます。

このダメージからお肌を守ろうとして「メラニン」と呼ばれる黒い色素がどんどん作られます。

その結果、脇の色素沈着によってお肌が黒ずんでくる事があります。

自己処理を行う時にはカミソリなどではなく、電気シェーバーで優しくお肌を傷つけないようにしましょう。

また、衣服との摩擦で色素沈着を起こしている方は、しっかりと保湿する事で予防・改善する事ができます。

電気シェーバーでの自己処理についてはこちらの記事をどうぞ。

乾燥肌にならないように気をつけよう

稀にですが、脇を全て脱毛してしまうと乾燥肌になってしまう方がいらっしゃるようです。

皮脂腺から出る皮脂が、お肌全体に行き渡りにくくなり脇がかさついたりすることがあるようです。

しかし、全ての方がそうなるわけではありません。

ただし、乾燥肌になってしまうと、お肌のバリア機能を回復させようとして、余分な皮脂が出てべたつく事があります。

皮脂が増えるとにおいだけでなく雑菌の繁殖が起こります。

そのため、「もしかして乾燥してる?」と思ったら保湿をするようにしましょう。

毛抜きを使った自己処理は絶対NG!

無理矢理ムダ毛を引き抜くという自己処理は、色素沈着、毛嚢炎(もうのうえん)、埋没毛の原因になってしまうため、なるべく避けるようにしましょう。
※毛嚢炎とは、雑菌が毛穴に入り込む事で起こる、白いニキビのようなものです。

本来、毛は必要なものです。

そのため、抜いたとしてもまたムダ毛は生えてこようとします。

しっかりとムダ毛を抜ききれなかった場合、途中でムダ毛が切れてしまう事もあります。

毛抜きなどでの脱毛を続けると、毛が皮膚の中に入り込んでしまう「埋没毛(埋もれ毛)」ができやすくなります。

脇だけに限らず、毛抜きでムダ毛の自己処理をした事のある方は、1度は経験したことがあるのではないでしょうか。

埋没毛はブツブツと黒い点のように見えます。

そのため、脱毛したはずなのに、なんとなくお肌が黒ずんで見えてしまいます。

その埋没毛を無理にまた抜こうとすると皮膚を傷めてしまいます。

また、毛穴に雑菌が入ると炎症を起こしてしまう事もあります。

ムダ毛を毛抜きなどで抜くと肌トラブルを起こすリスクが高まります。

ムダ毛は電気シェーバーで剃るか、ミュゼなどが数百円の脱毛キャンペーンを利用することをおすすめします。

毛抜きでの処理に関してはこちらに詳しく書きましたのでどうぞ。

脱毛後の注意点と解決法

脱毛後の注意点と解決法

 
脱毛した後にいくつか気をつけていただきたい注意点があります。

ここでは順番に紹介させていただきます。

注意点に併せて、自分でできる解決法もお話ししたいと思います。

脱毛後は脇もしっかり保湿しよう

家庭用脱毛器で行う自宅脱毛はもちろん、脱毛サロン・クリニックで施術を受けた後もしっかりと保湿する事が重要です。

保湿が十分でないと、お肌のバリア機能も低下して余計な皮脂や汗が出る原因にもなります。

また、脇の黒ずみが起こってしまう事があります。

脇の皮膚はとてもデリケートです。

顔のお手入れをするのと同じくらい、きちんと保湿をするようにしてくださいね。

しっとりタイプのオールインワンジェルなどがおすすめです。

こまめに汗を拭きとるなどの対策をしよう

汗の量自体が増える事がなくても、皮膚を直接伝うようになるため、人によっては気になる方もいらっしゃるようです。

次に挙げるような対策をして、脇を清潔に保つようにしましょう。

こうする事で快適に過ごす事ができるでしょう。

脇の対策

  • 制汗剤を使う
  • 脇汗パッドを使う
  • 汗をかいたらこまめに拭き取る

普段から汗腺を鍛えておこう

汗腺は使わないと機能が低下していきます。

その結果、さらさらとしたいい汗をかく事ができません。

特に、脇にあるのはアポクリン腺というホルモンや脂肪分を含んだ臭いのある汗を出す汗腺です。

アポクリン腺の働きが悪いと、老廃物などを含んだベタベタとした汗が出るようになってしまいます。

脇汗が余計に気になりますよね。

汗腺を普段から活性化させるためには、入浴や運動などでしっかりと汗をかいておくことが重要です。

さらさらとしたいい汗をかけるようになれば、多少脇汗が出たとしても臭いは気にならないでしょう。

脱毛しても汗は増えない・メリットの方が大きい

脱毛しても汗は増えない メリットの方が大きい

 
脇脱毛をするなら、一番コストがかからない脱毛サロンのキャンペーン脱毛がおすすめです。

その時、脇の脱毛には注意点もありますが、どれも簡単に対処が可能なもので安心してくださいね。

きちんと対策が取れるなら、脇のムダ毛はない方がいいですよね。

脇は、他の部位に比べてムダ毛がない事のメリットが多い部位ではないでしょうか。

脱毛をすると、夏の水着の季節だけなく、ジムやプール通いも堂々とできますね。

また、脇が見えてしまうようなデザインの服でも人目を気にせず着る事ができるという安心感があります。

これを機会に脱毛デビューしてみませんか?

脱毛サロンに興味のある方は、こちらの記事をどうぞ!

医療脱毛に興味のある方は、こちらの記事をどうぞ!

おすすめ関連記事

  • 全身脱毛をしている女性の割合は?全身脱毛で得られるメリット・デメリットとは?全身脱毛をしている女性の割合は?全身脱毛で得られるメリット・デメリットとは?   最近、ネット、テレビCM、電車の中吊りなど、色々な場所で「脱毛サロン」の広告を見るようになったと思いませんか? 少し前まではムダ毛処理といえば、カミソリや毛抜きでの自己処理が中心でした。脱毛サロンは金銭的、心理的ハードルが高かったため、「脱毛サロンに行こう!」と思う方も少なかったようです。 しかし、自己処理を長期間続けていくと、肌が黒ず […] Posted in 脱毛Q&A
  • 「脱毛サロン」「自己処理」のメリット・デメリットを徹底解説!「脱毛サロン」「自己処理」のメリット・デメリットを徹底解説!   皆さんは日頃のムダ毛自己処理が面倒だと感じたことはありませんか? 多くの女性が「ある!」と答えると思います。 「でも仕方ないから」と自己処理を続けている方も多いはず。 実は自己処理を長く続けていくと様々なデメリットが起こってしまいます。 例えば、「肌荒れ」、「黒ずみ」などの肌トラブルの多くが自己処理を長期間続けたために起こっ […] Posted in 脱毛基礎知識
  • 毛抜きを使った脱毛はダメなの?その理由を徹底解説!毛抜きを使った脱毛はダメなの?その理由を徹底解説!   ムダ毛の自己処理には、様々な方法があります。 その中でも毛抜きでの脱毛は、手軽で費用がほとんどかからないので、ムダ毛処理の方法としてよく行われているのではないでしょうか。 毛抜きは持ち運びも簡単で、気になったらどこでもムダ毛処理ができます。 毛抜きを持ち歩いている女性は多いのではないでしょうか。 実際、私も学生時代はペンケースの中に入れ […] Posted in 自宅脱毛・脱毛グッズ
  • ブライダル脱毛は大切!処理したい部位・おすすめのサロン・医療脱毛情報ブライダル脱毛は大切!処理したい部位・おすすめのサロン・医療脱毛情報   結婚式は、あなたが主役の人生最大のイベントで大切な日です。 その大切な一日を過ごすために、準備することも多くあります。 その一つとして、「ムダ毛処理」はかかせません。 この記事は、そんなムダ毛処理はどのようにすればいいのか、役に立つ情報をお届けします。   期間別おすすめブライダル脱毛 […] Posted in 脱毛Q&A
  • アトピー肌でも脱毛は受けられる?おすすめ脱毛サロン・医療脱毛まとめアトピー肌でも脱毛は受けられる?おすすめ脱毛サロン・医療脱毛まとめ   アトピー肌の方の中には「脱毛に通いたいけど肌が荒れているから・・・」と諦めてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 アトピー肌の方が光脱毛やレーザー脱毛を受けられるかどうかですか、「受けられる」脱毛サロン・クリニックが多いようです。 意外に思われるかもしれませんが、むしろアトピー肌の方ほどカミソリで剃ったりという自己処理をや […] Posted in 脱毛Q&A
  • ほくろ部分は脱毛できるの?取る?そのまま残す?ほくろと脱毛まとめほくろ部分は脱毛できるの?取る?そのまま残す?ほくろと脱毛まとめ   プロの手による脱毛を考えている方なら「ほくろ部分って脱毛できるのかな?」って気になったことはありませんか? 基本的にほくろがあっても脱毛を受けられます。 しかし、「脱毛方法」「ほくろの大きさ」などの条件により、ほくろ部分の対応は変わってきます。 そんなほくろと脱毛について、今回の記事では次の内容をご紹介します。 この記事 […] Posted in 脱毛Q&A