脱毛の種類と特徴を徹底解説!メリット・デメリット・おすすめはどれ?

 

皆さんはムダ毛の処理はどうされていますか?

自己処理の場合は「カミソリ」「毛抜き」を使われている方が多いのではないでしょうか。

自己処理は「手軽にできる」というメリットはありますが、肌トラブルを起こしてしまうことも・・・。

プロの手による「脱毛」を検討されている方もいらっしゃると思います。

今回の記事では、「脱毛方法の種類」「メリット・デメリット」「コスト」についてまとめました。

脱毛に興味のある方、自己処理に限界を感じている方に見ていただきたい記事となっています。

 

脱毛の種類をご紹介

脱毛の種類をご紹介

 
「脱毛」「除毛」方法には、大きく分けて次の4種類があります。

  1. 光脱毛
  2. 医療脱毛(医療レーザー脱毛)
  3. ニードル脱毛(電気脱毛)
  4. 自己処理(毛抜き・カミソリ・除毛クリームなど)

それぞれにメリット・デメリットがあるため、自身に最適なムダ毛処理の方法を選ぶことは重要です。

脱毛の種類1:光脱毛とは?

脱毛の種類1:光脱毛とは?

 
光脱毛は主に「脱毛サロン」で行われている脱毛方法です。

光脱毛では、毛根の黒い色素に反応する「光」を肌に照射し、毛根にダメージを与えることで、毛を「細く」「弱く」「生えにくく」します。

脱毛効果の現れ方には個人差・部位差がありますが、光脱毛を完了させると「自己処理が不要」「お肌がツルツル」になる方もいらっしゃいます。

1回の施術で光脱毛が完了することはなく、大体12〜18回程度の施術が必要で、期間にすると2〜3年程度かかります。

長期間ムダ毛処理から解放される方もいらっしゃいますが、光脱毛は医学上の定義で「永久脱毛ではない」とされています。

光脱毛は「永久脱毛」ではなく、代わりに光脱毛は「不再生脱毛」と呼ばれることがあります。

光脱毛のメリット

光脱毛は現在最も人気のある脱毛方法の一つで、次のメリットがあります。

  • 肌に優しい
  • 痛みがほとんどない
  • 短時間で施術が完了する
  • 「医療脱毛」「ニードル脱毛」に比べ料金が安い
  • 粘膜や粘膜に近い部分を除き、全身を脱毛することができる

光脱毛のデメリット

光脱毛には次のようなデメリットもあります。

  • 「医療脱毛」「ニードル脱毛」に比べ脱毛効果の面で劣る
  • 脱毛完了までに1年半〜3年程度かかる
  • 日焼け肌・色の黒い方は施術を受けられないことがある
  • 肌トラブル時は医療機関に行く必要があるため、対応が遅れることもある

光脱毛の脱毛効果

光脱毛は脱毛効果が緩やかに現れます。

光脱毛の「回数」「期間」「脱毛効果」は次のとおりです。

回数 期間 脱毛効果
6~9回目 1年~1年半
  • ムダ毛の生えるスピードが遅くなる
  • ムダ毛の量が減り、自己処理が楽になる
10~12回目 1年8ヶ月~2年
  • ムダ毛の生えるスピードが格段に遅くなる
  • 自己処理が不要になる場合もある
12~18回目 2年~3年
  • ツルツルの状態になる
  • ここで脱毛を完了させる方が多い

光脱毛の効果の現れ方には、「個人差」「部位差」があるため、「何回で完了するか」は受けてみないとわからない部分があります。

脱毛効果が現れやすい「脇」「足」などは12回程度、脱毛効果が現れにくい「顔」「VIO」などは18回以上かかることもあります。

光脱毛の料金

光脱毛にかかる料金をご紹介させていただきます。

脱毛サロンによっては、かなり安く脱毛を完了させることができます。
ミュゼプラチナムで「ワキ+Vライン」を脱毛した場合、完了までに必要な費用は100円です。

脱毛サロン コース・プラン 料金・回数
ミュゼプラチナム 両ワキ+Vライン
美容脱毛完了コース
100円(税抜)
無期限・回数無制限
ジェイエステ フェイス6プラン
※顔6部位のセットプラン
129,600円(税抜)
18回
キレイモ 月額定額プラン
スリムアップ全身脱毛
月額9,500円(税別)
※完全月額制

光脱毛の施術の流れ

光脱毛のおおまかな流れは次のとおりです。

冷却ジェルを使用するかどうかについては、脱毛サロンが採用している脱毛機によって異なります。

施術にかかる時間ですが、ワキ脱毛の場合で10分程度、全身脱毛の場合で90~120分程度です。

  1. 脱毛サロンのロッカーで専用のガウンに着替える
  2. 施術室に入りスタッフに冷却ジェルを塗ってもらう
  3. 光を照射する
  4. 脱毛部位を冷やして終了

部分脱毛の場合は、来店から1時間程度で全て終え、帰宅することができます。
施術が早く終わるというのも光脱毛のメリットです。

脱毛サロンについてもっと知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

脱毛の種類2:医療脱毛(医療レーザー脱毛)とは?

脱毛の種類2:医療脱毛(医療レーザー脱毛)とは?

 
医療レーザー脱毛は医療機関でのみ行える「医療行為」で、主に美容クリニックで受けることができます。

基本的な仕組みは光脱毛と似ていますが、「毛根にダメージを与える」だけでなく、「毛根を破壊する」ことを目的として行われます。

医療レーザー脱毛では、黒い色素に反応するレーザーを照射し、熱で毛根を破壊することで脱毛を行います。

医療レーザー脱毛も光脱毛と同じく、1回で脱毛が完了することはありません。
しかし、医療レーザー脱毛は光脱毛より脱毛効果が高く、「5~8回程度の施術」「1年~1年半程度」で脱毛は完了します。

医療脱毛のメリット

医療レーザー脱毛は、光脱毛と並んで人気のある脱毛方法です。

医療レーザー脱毛には次のようなメリットがあります。

  • 脱毛効果が高い
  • 永久脱毛ができる
  • 脱毛完了までの回数が少なく、期間が短い
  • 粘膜や粘膜に近い部分を除き、全身を脱毛することができる
  • 医療機関での施術となるため、トラブル時の処置をその場で受けられる
  • 麻酔を使うことができる

医療脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛には次のようなデメリットもあります。

  • 脱毛時に強い痛みを伴うことがある
  • 施術に時間がかかる
  • 保険適応外の治療のため、費用が高くなることがある
  • 日焼け肌・色の黒い方は施術を受けられないことがある

医療脱毛の脱毛効果

医療レーザー脱毛は、毛根自体の破壊を行うため、高い脱毛効果を得ることができます。

医療レーザー脱毛の「回数」「期間」「脱毛効果」は次のとおりです。

回数 期間 脱毛効果
2~4回目 4~8ヶ月
  • ムダ毛の生えるスピードが遅くなる
  • ムダ毛の量が減り、自己処理が楽になる
5~6回目 8ヶ月~1年
  • ムダ毛の生えるスピードが格段に遅くなる
  • 自己処理がほぼ不要になる
  • ここで脱毛を完了させる方が多い
6~8回目 1年~1年4ヶ月
  • 自己処理の必要がなくなる
  • ツルツルの状態になる

医療レーザー脱毛は、施術に強力なレーザーを使用するため、脱毛効果は高くなります。
そのため、脱毛完了までにかかる回数は少なく、期間も短く済みます。

医療レーザー脱毛では、脱毛効果が高い分「強い痛みを伴う」ことがあります。

希望をすれば施術時に「笑気ガス麻酔」「麻酔クリーム」を使うことができます。

医療脱毛の料金

医療脱毛にかかる料金は次のとおりです。

心理的ハードルは光脱毛よりも医療脱毛の方が高いと思いますが、パッチテストや比較的料金の安いワキ脱毛などで「脱毛効果」「痛み」を確認することができます。

クリニック コース・プラン 料金・回数
湘南美容クリニック ワキ脱毛
6回コース
1,000円(税込)
6回
リゼクリニック 全身脱毛
5回コース
298,000円(税込)
5回
アリシアクリニック 全身脱毛し放題 574,400円(税抜き)

湘南美容クリニックではワキの脱毛を6回1,000円で受けることができます。

光脱毛と比較すると高く見えますが、脱毛完了までにかかる料金を考えると医療脱毛の方が安く済む場合もあります。

医療脱毛の施術の流れ

医療レーザー脱毛のおおまかな流れは次のとおりです。

基本的な流れは光脱毛と同じですが、施術にかかる時間は医療レーザー脱毛の方が長くなります。

ワキ脱毛の場合は光脱毛と同じ10分程度、全身脱毛の場合で2~6時間程度かかります。

  1. クリニックのロッカーで専用のガウンに着替える
  2. 施術室に入りスタッフに冷却ジェルを塗ってもらう
  3. レーザーを照射する
  4. 脱毛部位を冷やし、炎症を抑える軟膏を塗って終了

1回に全身の施術を行うのは患者の負担にも繋がるため、回数を分けて施術を行うクリニックもあります。

「安全」「安心」に「高い脱毛効果」を得たい方、「痛みに耐えられる」方に、医療脱毛はおすすめです。

医療脱毛についてもっと知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

脱毛の種類3:ニードル脱毛(電気脱毛)とは?

脱毛の種類3:ニードル脱毛(電気脱毛)とは?

 
ニードル脱毛は毛穴に電極を挿入し、微弱な電流を流すことで毛根を破壊する脱毛法です。

ニードル脱毛は10年ほど前までは主流となっていましたが、現在では「光脱毛」「医療脱毛」が主流となっています。

ニードル脱毛は、毛根一つひとつに働きかけ、脱毛を行います。

脱毛効果は即座に現れ、一度脱毛をした毛穴からムダ毛が復活することはありません。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛には次のようなメリットがあります。

  • 脱毛効果が高い
  • 脱毛効果はその場で現れる
  • クリニックの場合、永久脱毛ができる
  • 白髪も脱毛可能
  • 「ホクロ」「日焼け」「肌の色素が濃い」場合も脱毛可能
  • 「光脱毛」「医療レーザー脱毛」で処理しきれなかった毛の脱毛に向いている
  • クリニックで施術を受ける場合、麻酔を使える

ニードル脱毛のデメリット

一方、ニードル脱毛には次のデメリットもあります。

  • 毛穴をひとつひとつを処理するため施術時間がかかる
  • 料金は「本数」や「時間」で決まり、「光脱毛」「医療レーザー脱毛」より高額になる場合が多い
  • 医療レーザー脱毛よりも強い痛みを伴う
  • 使用機器が適切に扱われていない場合、感染症などのリスクがある
  • 取り扱いのある「クリニック」「脱毛サロン」が少ない

基本的には「毛根の破壊」や「永久脱毛」は、医療機関にのみ許されている医療行為となります。

そのため、脱毛サロンのニードル脱毛では「毛根の破壊」を行うことは許されていません。

ニードル脱毛を選択される場合は、その安全性について確認することが重要です。

脱毛の種類4:自己処理について

脱毛の種類4:自己処理について

 
ムダ毛の自己処理には、大きく分けて次の3つのタイプがあります。

自己処理のタイプ 処理に必要なもの
脱毛(引き抜くタイプ)
  • 毛抜き
  • 脱毛ワックス
  • 電気脱毛器(引き抜くタイプ)
除毛
  • カミソリ
  • 電気シェーバー
  • 脱毛・除毛クリーム
  • 脱毛・除毛スプレー
  • 脱毛・除毛石鹸
脱毛(光・レーザー)
  • 家庭用光脱毛器
  • 家庭用レーザー脱毛器

それぞれのメリット・デメリットを次にまとめました。

脱毛(引き抜くタイプ)のメリット・デメリット

引き抜くタイプの自己処理では、次のようなメリット・デメリットがあります。

引き抜くタイプのメリット

  • いつでも手軽に脱毛できる
  • 「毛抜き」は金銭的コストが少なく済む
  • その場でムダ毛をなくすことができる

引き抜くタイプのデメリット

  • 痛みを伴う
  • ムダ毛は復活するため、自己処理を繰り返す必要がある
  • 「毛嚢炎」「埋没毛」「色素沈着」などの肌トラブルを起こしやすくなる
  • 広範囲の自己処理にはかなり手間がかかる
  • 脱毛ワックスの場合は、購入し続ける必要がある

除毛のメリット・デメリット

「カミソリ」を使った除毛は、最も多く行われているムダ毛処理の方法ではないでしょうか。

カミソリは比較的安く購入することができ、手軽にムダ毛処理を行えるというメリットがあります。

除毛のメリット

  • いつでも手軽に除毛できる
  • カミソリの場合、金銭的コストが少なく済む
  • ムダ毛の処理にそれほど時間がかからない
  • 「脱毛・除毛クリーム」など毛を溶かす除毛法は仕上がりが綺麗になる
  • 痛みを伴わない

除毛のデメリット

  • カミソリの場合、角質も削ってしまうため肌にダメージを与える
  • カミソリの場合、切断面が平らになるためムダ毛が濃くなったように見える
  • 「毛嚢炎」「埋没毛」「色素沈着」などの肌トラブルを起こしやすくなる
  • 「脱毛・除毛クリーム」などの場合は、商品を購入し続ける必要がある
  • 「脱毛・除毛クリーム」などは強力な薬剤で毛を溶かすため、肌にもダメージを与える
  • 見えている部分のムダ毛処理しかできない

脱毛(光・レーザー)のメリット・デメリット

「家庭用脱毛器」を使用することで、自宅で「光脱毛」「レーザー脱毛」を行うことも可能です。

脱毛(光・レーザー)のメリット

  • 自宅で手軽に光脱毛・レーザー脱毛ができる
  • 脱毛器を購入すれば、照射可能回数を超えるまで追加の費用は発生しない

脱毛(光・レーザー)のデメリット

  • 脱毛器代が60,000~100,000円程度必要
  • 機器ごとに照射可能回数があり、カートリッジの購入や本体の買い替えが必要
  • 家庭用に出力を抑えているため、脱毛効果が低い
  • 1~2週間に1度処理をする必要がある
  • 脱毛を完了させるまでにかなりの回数・期間がかかる
  • 手の届かない範囲の脱毛が難しい

自己処理に限界を感じている方へ

自己処理について、「脱毛(引き抜くタイプ)」「除毛」の場合、ムダ毛は必ず復活します。
そのため、処理を続けていく必要があります。

また、「脱毛(引き抜くタイプ)」「除毛」は、肌にダメージを与え、肌トラブルに繋がる場合があります。

毛抜きやカミソリなどで自己処理を続けていくうちに、「赤み」「毛穴の黒ずみ」が目立つようになった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、生涯に渡ってカミソリによる自己処理を行った場合の金銭的・時間的コストは、「光脱毛」「医療脱毛」を上回ります。

自己処理に限界を感じている方は、肌トラブルを改善できるというメリットもある「光脱毛」「医療脱毛」を検討されてもいいと思います。

また、家庭用の「光脱毛器」「レーザー脱毛器」もありますが、脱毛を完了させるまでかなりの回数・期間が必要となります。

本格的にムダ毛処理から解放されたい方は、プロの手による脱毛をおすすめします。

自己処理についてもっと知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

脱毛の種類とQ&A

脱毛の種類とQ&A

 
こちらでは、脱毛についてよくある疑問にQ&A形式でまとめました。


「光脱毛」「医療脱毛」はなぜ1回で完了しないの?
理由は毛のサイクル「毛周期」にあります。

毛には「毛周期」というサイクルがあり、「成長期」「退行期」「休止期」という3つの状態を繰り返しながら、毛が生え変わります。

毛周期

 
「光」や「医療レーザー」はこの毛周期のうち、「成長期」の毛に対してのみ効果を発揮します。

また、「成長期」の毛は肌の表面に出ている毛のうち20~30%程度だと言われています。

一度「光」「レーザー」を照射してから、2~3ヶ月期間を空けるのは、次の「成長期」の毛が生え揃うのを待つためです。

「光脱毛」「医療脱毛」では、施術を繰り返すことで脱毛・減毛を進めていきます。


「光脱毛」「医療脱毛」をする人は増えているの?
現在、プロの手で脱毛をされる方は増えています。

「光脱毛」「医療脱毛」を選択される方が増えている理由には次のとおりです。

  • 脱毛にかかる料金がどんどん安くなっている
  • 「脱毛サロン」「美容クリニック」の敷居が下がり身近なものになってきた

脱毛サロンではキャンペーンを行っていることも多く、脱毛を始めやすい環境になってきたことも理由の一つです。


「毛嚢炎」「埋没毛」「色素沈着」とは?
毛抜きやカミソリによる自己処理で起こる肌トラブルです。
肌トラブル 症状
毛嚢炎
(もうのうえん)
開いた毛穴に雑菌が入ることで起こります。
「白ニキビ」のような見た目をしています。
埋没毛
(まいぼつもう)
ダメージを受けた毛穴が張る「膜」の下で育ってしまう毛です。
肌の表面に出るまで時間がかかります。
色素沈着 肌にダメージをあたえ続けたことによる「赤み」「黒ずみ」が慢性化した状態です。

自己処理を続けている間は、これらの肌トラブルが起こる可能性があります。

また、色素沈着を起こした場合、自己処理をやめない限り症状の改善は難しくなります。


医療脱毛は痛い?
医療脱毛は強い痛みを伴う場合があります。

医療レーザー脱毛は脱毛効果が高い分、痛みを伴うこともあります。

しかし、新しい医療レーザー脱毛機の開発により、その痛みもかなり少なくなってきました。

また、麻酔を使うこともできるので、それほど心配する必要はありません。

痛みに耐えられるかどうかは、無料カウンセリング時に受けられるパッチテストで確認することをおすすめします。

脱毛の種類と特徴を徹底解説!おすすめの脱毛法は? まとめ

今回は次のムダ毛処理方法とそれぞれのメリット・デメリットについて解説させていただきました。

  1. 光脱毛
  2. 医療脱毛(医療レーザー脱毛)
  3. ニードル脱毛(電気脱毛)
  4. 自己処理(毛抜き・カミソリ・除毛クリームなど)

自己処理をするなら肌へのダメージが最も少ない「電気シェーバー」がおすすめです。

もし、「自己処理に限界を感じている」なら、当サイトでは「脱毛サロンの光脱毛」「医療レーザー脱毛」をおすすめします。

光脱毛や医療レーザー脱毛を受けた方の約9割は「脱毛をしてよかった!」と回答しています。

一度脱毛を完了させれば自己処理から解放されます。
自己処理から解放されることで「肌がきれいになる」「自由な時間が増える」というメリットがあります。

おすすめの「脱毛サロン」「クリニック」は次の記事にまとめました。

ぜひ、検討してみてくださいね!