皆さんは面倒なムダ毛の処理はどうされていますか?

カミソリや毛抜きなどで自己処理をされている方もいれば、脱毛サロンの光脱毛や美容クリニックの医療用レーザー脱毛を受けている方も多いと思います。

実はカミソリや毛抜きなどを使った自己処理を長期間続けると様々な肌トラブルが起こります。特に毛抜きは「痛み」や「手間」以外に様々な問題を引き起こします。

おすすめの自己処理方法は電気シェーバーでの除毛ですが、肌に優しい分、深く剃れないという弱点もあります。

最もいい方法は、脱毛サロンの光脱毛や美容クリニックの医療用レーザー脱毛を受けることです。光脱毛は「不再生脱毛」、レーザー脱毛は「永久脱毛」と呼ばれます。

光脱毛やレーザー脱毛を受けることにより、多くの場合自己処理から解放されます。自己処理に使っていた「お金」や「時間」ももっと有意義なことに使えます。

さらに自己処理から解放されることで、肌が見違えるようにキレイになります。

しかし、脱毛サロンや美容クリニックに通うことに金銭的、時間的、心理的ハードルを感じる方も多くいらっしゃると思います。

今回は自己処理の悩み、脱毛サロンや美容クリニックの悩みを両方解決してくれるNo.1家庭用光脱毛器「ケノン」をご紹介したいと思います。

 

ケノン No.1家庭用光脱毛器のご紹介

ケノン No.1家庭用光脱毛器のご紹介

 

ケノンは家庭で「光脱毛」を行うことができる家庭用光脱毛器です。

その人気は圧倒的で数々の驚くべき記録を持っています。以下にその一部を挙げさせていただきます。

  • レビュー数10万件以上 & ☆3以上が98.4%
    ケノン公式ショップ(エムロック楽天市場店)
    2018年7月時点
  • Yahoo!ショッピング1,487日1位
    2012/2/27〜2018/7/15

こちらの情報は全てケノン公式サイトに記載があるものです。

公式サイトの勢いが凄すぎて逆に不安に感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、複数の口コミサイトを確認したところ☆の平均値は4以上でした。また、ほとんどがポジティブな口コミで、ネガティブなものは少数でした。

気になる「ケノン」の料金、仕様は以下の通りです。

販売会社 株式会社エムロック
価格 69,800円(税込)
クーポンなどでさらに安く買えることも
カラー
  • シャンパンゴールド
  • パールホワイト
  • シャインピンク
  • ブラックつや消し
脱毛方式 光脱毛
照射回数 カートリッジ交換式
ラージカートリッジで最大20万発(LV 1の場合)
照射面積 エクストララージカートリッジの場合
3.7cm×2.5cm
照射レベル

10段階

  • レベル1:超敏感肌
  • レベル10:普通肌

ケノンの照射回数

ケノンは決められた回数を照射し切ったら終わりという「使い切り型」の家庭用脱毛器ではありません。

ケノンはカートリッジ毎に照射可能回数が設定されており、全て打ち終わってもカートリッジを交換すればまた脱毛を行うことができます。

一番照射回数の多い標準付属の「プレミアムカートリッジ」ではレベル1で最大100万発、レベル10の最大出力でも30万発照射を行うことができます。

これだけ照射回数が多ければ寿命を気にする必要もほとんどないと思いますが、参考までにカートリッジの料金を以下に記載します。

カートリッジ 価格(税込)
ラージカートリッジ 4,200円
エクストララージカートリッジ 6,000円
美顔スキンケアカートリッジ 4,000円

ケノンに美顔スキンケアカートリッジを着ければ、「美顔器」としても使うことができます。

ケノンは美顔器としても人気があり、「Yahoo!ショッピング美顔器デイリーランキング1位(※)」を獲得しています。
※2016年3月3日集計

また、ケノンは有名女性誌「GLITTER」の2018年3月号で紹介されました。

「GLITTER」の2018年3月号

 

ケノンはカートリッジを交換することで長く使えますし、さらに美顔器としても使え、お得な商品になっています。

ケノンの照射面積

家庭用脱毛器において重要なのが、「照射面積」です。この照射面積が狭過ぎると何度も照射する必要があり手間がかかります。

ケノンはこの照射面積でも他社の家庭用脱毛器より優れています。以下にカートリッジ毎の照射面積をまとめます。

カートリッジ 照射面積
エクストララージカートリッジ 25mm×37mm
ラージカートリッジ 20mm×35mm
ストロングカートリッジ 15mm×30mm
プレミアムカートリッジ 20mm×35mm

照射部位に合わせてカートリッジを使い分けられるのがいいですね!

ストロングカートリッジは照射面積は一番狭く、照射力は一番高くなっています。ワキなどの太い毛やうぶ毛の脱毛に最適です。

また、標準で付属しているプレミアムカートリッジは100万発(レベル1の場合、レベル10では30万発)照射を行うことができます。

100万発使えれば全身を何周も脱毛できるので、カートリッジを買い足す必要はほぼないでしょう。

ケノンの良い口コミ・悪い口コミまとめ

ケノンの良い口コミ・悪い口コミまとめ

 

ケノンは「数々の驚くべき記録」を持った家庭用光脱毛器だということは先ほど述べました。では、実際の口コミはどうなっているでしょうか?

ケノンの良い口コミ

女性4星4緑

サロンだと2年はかかるって
満足度 5.00

一回は脱毛サロンに行ったのですが、ツルツルになるまで2年はかかると言われました・・・。短気な私は結局通わなくなってしまいました。

そこで、手軽に続けられそうな家庭用の脱毛器を探し、一番効果がありそうなのがケノンでした。

値段が結構高かったのでかなり悩みましたが、10段階のパワー調整ができ、パワフルな感じが私向きかな・・・、と思い切って購入しました。

すね毛は朝剃って夕方にはちょろっと生えてくるぐらいの剛毛でしたが、目に見えて効果が出ています。今で2ヶ月ぐらいですが、毛の薄い腕はほとんど生えてこなくなりました。

目に見えて効果が出るのが面白くて、いろんなところを試してしまいます。

サロンで脱毛するなら30万ぐらいはかかってたと思いますし、買ってよかったです。

脱毛部員脱毛部員

脱毛サロンで難しいのが、脱毛完了までの2〜3年間モチベーションを維持し続け、通い続けることができるかだと思います。

こちらの方にはサロンでの脱毛は向いていなかったようですが、代わりに「ケノン」に出会え満足のいく結果を得られているようで素晴らしいです!

脱毛サロンでは気軽に脱毛部位を増やすことは難しいですが、ケノンなら気軽に色々な場所を試せていいですね。

さいこう黄

娘とシェアしています
満足度 5.00

大手サロンのキャンペーンを利用して、かなり安く脱毛を受けていましたが、ここもあそこもと追加していくうちにすごい金額になってしまい、結局続けられなくなってしまいました。

脱毛器は何年も前から気になっていて、その中でも一番評判の良いケノンを買いました。

娘とシェアして使っていますが、中学生でも使えるくらい手軽・簡単です。痛みもほとんどありません。

私は3〜4回ぐらいで脱毛効果を実感できるようになりました。娘も体育の授業を嫌がらずに受けてくれています。

二人でシェアして使えるのでサロンより安く済んでいますし、満足しています。

脱毛部員脱毛部員

ミュゼなどではキャンペーンを使えば数百円でワキ+Vラインの脱毛を完了させることが可能です。

しかし、その他の追加部位が増えてくると料金が高くなりがちです。最初から全身脱毛を検討するというのも手ですが、なかなかその判断も難しいですよね。

確実な脱毛効果を得たいなら光の出力の高い脱毛サロンがおすすめですが、料金が気になる方にはケノンの方がおすすめかもしれません。

娘さんとシェアすることで、さらにコストパフォーマンスは上がりますよね!

ケノンの悪い口コミ

ケノンの悪い口コミを探してみたのですが、星3が一件あるだけでした・・・。

公式サイトの宣伝が過剰なのかと思っていましたが、実際の口コミでも悪い評価を見つけることができませんでした。

女性3星3青

今度こそは!
満足度 3.00

今まで試した脱毛器は片手じゃ足りないぐらいです。お金もかなり使いました。

エステにも通いましたが、通うのが面倒になり長続きせず・・・。

今度こそは・・・、という思いでケノンを購入しました。

2〜3ヶ月試しても効果を感じられず、またダメだったか・・・と諦めかけていました。でも3ヶ月経った頃ぐらいから毛の生えるのが遅くなってきた気がします。

かなり強い光が出たので驚きましたが、サングラスをしますし、慣れたら平気です。

手軽に使えますし、これからの効果に期待です。

脱毛部員脱毛部員

こちらの方は効果が出るまでに少し時間がかかったようで、評価が3で止まってしまったようです。

脱毛器で何度も失敗し、エステも挫折し、だと次もダメかも・・・、という気持ちにもなりますよね。

ケノンでは効果が出始めているようなので、このまま続けて脱毛を完了させていただきたいですね。

ケノンの使い方は簡単

ケノンの使い方は簡単

 

ここではケノンの使い方を簡単に説明させていただきます。

脱毛前の準備

ケノンは黒い色素に反応する光で脱毛を行います。

ほくろやタトゥーにも反応してしまう恐れがあるため、白いテープ(サージカルテープ)などを貼って光が当たらないようにしましょう。

ケノンの光は強力で直接目に入るとよくないため、付属のサングラスをつけてから照射を行うようにしましょう。

また、アイスノンも付属していますので、脱毛部位をしっかり冷却しましょう。

ケノンの設定

ケノンは肌の色が白いほど、強いレベルで照射しても痛みを感じにくくなっています。

また、説明書に肌の色の見本、照射レベルの目安が載っているので、そちらに設定を合わせましょう。

弱めのレベルから始め、徐々に強いレベルにしていく方法がおすすめです。

肌に脱毛器を当てると照射される「自動モード」か、ボタンを押して照射する「手動モード」か、お好きな方に設定しておきましょう。

照射

アイスノンで冷却した脱毛部位に光を照射していきます。

個人差はありますが、レベルが低いほど痛みや熱を感じません。人によっては少しの熱や輪ゴムで弾かれたような痛みを感じる方もいらっしゃいます。

光の出力は脱毛サロンで使われているものよりも弱いので、サロンの脱毛よりも痛くありません。

アフターケア

照射が終わった後はしっかりと冷却を行い、肌を落ち着けましょう。

また、脱毛後の肌はダメージを受けやすくなっているのでしっかりと保湿を行うことも重要です。

ケノンの使い方はたったのこれだけです。すごく簡単ですね!

ケノンQ&A

ケノンQ&A

 

ここではケノンについての疑問とその回答をまとめたいと思います。

本当に脱毛効果はあるの?

ケノンや脱毛サロンの光脱毛の仕組みですが、毛根の黒い色素(メラニン)に反応する光を照射し、毛根に熱によるダメージを与えます。

毛根にダメージを与えることで毛の生えるスピードを遅く、生えてきても細くなるようにします。

個人差はありますが、光脱毛でツルツルのお肌を手に入れ、自己処理から解放されている方もいらっしゃいます。

一方、医療機関でしか行うことのできない医療用レーザー脱毛はレーザーで毛根を破壊する永久脱毛です。

ケノンの光の出力は脱毛サロンのものよりも劣るため、回数は多くかかりますが、ちゃんと脱毛効果を得ることはできます。

脱毛完了にかかる回数・期間

こちらも個人差・部位差がありますが、大体2週間に一度脱毛を行い、早い方は1年で完了するようです。

脱毛サロンでは12回・2〜3年というのが満足のいく脱毛効果を得るための目安です。

ケノンでは脱毛回数や頻度を増やすことで脱毛サロンよりも早く完了することがあるんですね!

本体の価格だけを見ると高いなと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、全身の脱毛を行っても1年以上持つので、カートリッジの追加購入もほとんどの場合必要ありません。

もしかして脱毛サロンよりもいい?

「ケノンがいいか」、「脱毛サロンがいいか」は脱毛をされる方の性格や体質によって異なると思います。

脱毛サロンとケノンの違いを以下にまとめます。

ケノン 脱毛サロン
脱毛回数 30回程度 12〜18回程度
脱毛期間 1年〜 2〜3年
脱毛頻度 2週間に1回 2ヶ月に1回
冷却方法 アイスノン 冷却ジェル

ここまでケノンのいいところを書いてきましたが、弱点もあります。それは自分で脱毛する際に、「背中など手の届かない部位がある」というところです。

どうしても手を届かない部位の脱毛を行いたい場合は誰かに頼む必要があります。

また、全身脱毛を考えた場合、2週間に1回全身に照射を行うのはなかなか手間がかかります。

金銭的に余裕があり、脱毛サロンに通うのが苦痛でないのなら、脱毛サロンの方が楽かもしれません。

安く済ませたい、2週間に1回の脱毛が苦痛でない、届かない部位の脱毛は不要もしくは手伝ってくれる人がいる方はケノンが向いているでしょう。

なぜケノンはNo.1なの?

ケノンのメーカーは元々は業務用脱毛機を製造していた会社で、「脱毛」に関してはそのノウハウがあります。

ケノンは脱毛サロンで使われる「光脱毛機」を家庭で手軽、安全に使えるようにしたものです。

また、カートリッジ式を採用しているところもNo.1な理由の一つです。

脱毛器をシェアする場合、肌に触れるヘッド部分が気になる・・・、という方もいらっしゃるかと思います。ケノンでは脱毛する方によってカートリッジを変えることで衛生的でもありますね。

複数の照射面積、脱毛効果の強さ、照射回数のカートリッジがありますので、脱毛部位に合わせたものを使えば効率的に脱毛できますね。

他の家庭用脱毛器の多くが「使い切り型」です。「カートリッジ型」の方がメリットが多いですね。

肌トラブルが起きたら?

ケノンはこれまで累計50万台以上販売されていますが、肌トラブルの報告は1件もないそうです。これはかなりすごいですね・・・。

説明書の指示通りに脱毛を行えば、まず肌トラブルが起こるといったことはありません。

しかし、万が一の時のために、対策を知っておくことは重要です。

肌トラブルが起こってしまった場合は、株式会社エムロックのコールセンターで相談にのってもらえるそうです。

何か様子がおかしいと感じたら、コールセンターに問い合わせるようにしましょう。

どの部位に使えるの?

ケノンですが、基本的にどの部位の脱毛も行えるそうです。ただし、まぶたは肌が薄く光が目に入って危険なので絶対にやめましょう。

気になるVIOゾーン(デリケートゾーン)にも使用できますが、推奨はされていないようです。

デリケートゾーンは肌の色が濃く、皮膚も薄いため、光脱毛の痛みを感じやすい部位です。ケノンで脱毛を行う際は以下のことに気をつけましょう。

  • 他の部位より冷却をしっかりとする
  • 弱めのレベルから始める、無理はしない
  • 保湿も他の部位よりしっかりとする

ケノンは実績のある確かな家庭用光脱毛器です。家庭用脱毛器をお探しの方はぜひケノンを候補に入れていただきたいですね。