脱毛にリスクってあるの?

脱毛とリスクの関係 その対処法を調査しました!

脱毛サロンやクリニックの料金が下がり、光脱毛や医療用レーザー脱毛は私達にとってより身近になりました。

職場の同僚や友達で脱毛サロンや美容クリニックに通われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

光脱毛や医療用レーザー脱毛ですが、取り返しのつかないような肌トラブルを起こす「リスク」はほぼありません。

しかし、脱毛とそのリスクを知った上で施術を受けることはとても大切です。今回は「脱毛とリスクの関係」について、お話しをさせていただきたいと思います。

脱毛とリスクの関係 その対処法を調査しました!

脱毛とリスクの関係 脱毛にリスクってあるの?

最近では電車の中吊り等で脱毛サロンの広告を多く見かけるようになりました。また、ポストに脱毛サロンの広告が入っていたり、脱毛サロン・美容クリニックがより身近なものになりつつあるのをひしひしと感じます。大手サロン・クリニックではCMを流しているところもありますよね。

芸能人の方で脱毛サロンに通われている方も多くいらっしゃいますね。

このように脱毛サロンや美容クリニックに通われる方が増えると「私も・・・」という気持ちになるかもしれません。

しかし、勢いだけで脱毛デビューしてしまうのは少々危険でリスクを伴います。

実際に施術を受けてトラブルが起こるといったことはほぼありません。ですが、万が一に備えて「リスク」について正しい知識を持っておくようにしましょう。

脱毛とリスクの関係 脱毛リスクについての口コミ

脱毛のリスクについて不安を持たれている方は想像以上に多いようです。一部抜粋し、引用させていただきます。

ワキ脱毛をした後に前より汗が多く出るようにならないか心配。

これは「多汗症」と呼ばれるリスクですね。ワキの脱毛をしたからといって、汗の量が増えるということはありません。

ワキ毛が生えている時は汗を毛が吸収してくれていて、肌を直接伝うということは少なかったと思います。

また、ワキを脱毛することにより、そちらに意識が向きがちになり、汗が増えたように感じられる方がいらっしゃいます。

やけどをしないか心配。

やけどのリスクは少なからず存在します。脱毛サロンの光脱毛は光の出力が弱い分、肌にも優しいですが、それでも赤みが生じることがあります。

また、医療用レーザーは脱毛効果は強く現れますが、痛みを伴うことが多く、肌にダメージを与えてしまうリスクもあります。

この解消法ですが、しっかりと保湿を行い、脱毛前後に日焼けをしないように気をつけることでリスクを減らすことが可能です。

ワキ汗については気持ちの持ちようによる部分が大きいようです。やけどの場合は、軽いものから薬の処方が必要なものまで、起こるリスクがあります。

しかし、リスクをしっかりと理解した上で、脱毛サロン・美容クリニックで脱毛を行えば、ほとんどの場合それ程問題にはなりません。

脱毛とリスクの関係 具体的なリスクとは?

光脱毛や医療用レーザー脱毛をしようと思っていても「リスク」という部分で踏み切れない方もいらっしゃると思います。

踏み切れない理由はきっと「リスク」が何なのか、はっきりと分からないことが原因だと思います。

ここでは、どういったことが起こってしまうのか、具体的に挙げていきたいと思います。

施術後の赤み

光脱毛や、特に医療用レーザー脱毛で、施術後に肌が赤みを帯びたり、ヒリヒリとした痛みを感じることがあります。

なぜこのような、赤みやヒリヒリ感が起こるのかというところですが、光や医療用レーザーを照射することで、肌は軽いやけどを起こしたような状態になっています。

赤みやヒリヒリ感はリスクかもしれませんが、脱毛を行う上で避けて通れない道です。

しっかりと保湿を行うことで、徐々に落ち着いてきますので、冷静に対処しましょう。

毛嚢炎(もうのうえん)

光脱毛や医療用レーザー脱毛の施術後は、肌がダメージを受け、バリア機能が落ちています。そこに雑菌が入り込むことで、白いニキビの発疹ができることがあります。

男性の場合はヒゲ脱毛時に起こりやすいそうですが、女性の場合はデリケートゾーンの脱毛時に起こりやすくなります。

女性のデリケートゾーンは清潔に保つのが難しく、雑菌が入り込みやすくなっています。ほとんどの場合は、それほど気にすることもありませんが、症状が改善しなかったり、悪化してきた場合は皮膚科や脱毛を行った美容クリニックで診てもらうようにしましょう。

脱毛とリスクの関係 リスクがある理由

なぜ、「脱毛にリスクが伴うのか」、というところですが、脱毛は体にとって不自然な行為だからだと考えられます。

ムダ毛も本当に厄介な存在ですが、何らかの意味があって生えています。それを光や医療用レーザーで処理するわけですから、ある程度のリスクがあることも想定しておかなければいけません。

では、具体的になぜリスクを伴うのか挙げさせていただきます。

脱毛は毛根に熱によるダメージを与える

光脱毛の光、医療用レーザー脱毛のレーザーは、毛根の黒い色素(メラニン)に反応して脱毛を行います。

光脱毛では、毛根に熱によるダメージを与え、毛の成長する力を奪い、毛を細く弱くし生えるスピードも遅くします。脱毛サロンの場合は毛根部の温度が70℃ぐらいまで上がります。そのため、光の照射時に熱を感じる方もいらっしゃいます。

一方、医療用レーザー脱毛は、毛根を熱で爆発させ破壊します。その時の温度は250℃に達すると言われています。こちらは毛根を完全に破壊するため、高い脱毛効果が期待され、「永久脱毛」と呼ばれます。一方、レーザーの出力が高いため、肌にダメージを与えたり、痛みを伴うといったリスクが存在します。

光脱毛・医療用レーザー脱毛も高温で毛根にダメージを与えたり、破壊する脱毛方法です。施術を行うスタッフ、看護師のスキルが低い場合、誤った設定で照射を行ってしまうといったリスクも生じます。

この光脱毛・医療用レーザー脱毛の仕組みを知り、痛みが通常でないと感じた場合はすぐに申し出るようにしましょう。

毛穴が傷つきバリア機能が低下

先程、光脱毛・医療用レーザー脱毛の仕組みについて書かせていただきました。光やレーザーは基本的には毛根に対して作用するのですが、「熱」の温度が高いため、周囲の皮膚がダメージを受けることもあります。

毛穴や周囲の皮膚が熱でダメージを受けると、肌のバリア機能が低下します。そこに雑菌が入り込むことで炎症等の肌トラブルが起きます。

こちらの肌トラブルについては、体質、体調、脱毛部位で起こりやすさが変わってきます。また、これまで何の問題もなかった方が、肌トラブルにあってしまうケースもあるため注意が必要です。

何かおかしいなと思ったらすぐに脱毛サロンのスタッフや、美容クリニックの医師、看護師に相談するようにしましょう。

脱毛とリスクの関係 当てはまる方は要注意!

脱毛サロン、美容クリニックも異常が起こる「リスク」が高い状態で施術を行うことはしません。

以下の状態に当てはまる場合は施術を受けられないこともあります。脱毛期間中はそういったことがないように気をつけましょう。

日焼けをしてしまっている方

光・医療用レーザーは黒い色素に反応する特性をもっています。

日焼けをして肌が黒くなっていると、肌に対して光・医療用レーザーが反応してしまう可能性があり、その効果も分散されてしまいます。

日焼けをしている状態は肌が乾燥していて、ダメージを受けやすく、痛みに対して敏感になっています。

その状態で光・医療用レーザー脱毛を受けると通常よりも、強い痛みを感じるリスクがあります。

こういったことから、日焼けをしてしまうと肌トラブルが起こるリスクが上がります。そのため、多くの脱毛サロン、美容クリニックでは施術をお断りするということになっているようです。

肌が乾燥してしまっている方

肌が乾燥してしまっている場合も施術を断られることがあります。

通常肌は水分のヴェールに守られていますが、乾燥している状態だとそのバリアがないことになってしまいます。

この状態で光・医療用レーザー脱毛を受けると肌トラブルを起こすリスクが高まります。

肌に傷がある方

虫刺され、擦り傷、かさぶたがある場合もその部分を避けて施術を行うことになります。
傷がある部分は雑菌に感染しやすく、ダメージも負いやすくなっています。

このような状態で施術を行うことはリスクがかなり高いため、その部分の照射を行わないか、施術自体を断られます。

もともと肌の色が黒い方

光や医療用レーザーは黒い色素に反応する特性を持っているため、肌の色が黒い場合、皮膚に反応してしまうリスクがあります。

また、光や医療用レーザーの効果も分散され、十分な効果を得られない可能性もあります。

こちらの判断基準は脱毛サロンや美容クリニックによって異なります。色黒の方で脱毛を受けたい方はいくつかの脱毛サロン、美容クリニックでカウンセリングを受けられることをおすすめします。

生理中の場合

生理中は、ほとんどの脱毛サロン・クリニックでVIOゾーンの施術は断られます(Vラインのみ可というところもあります)。

それ以外の部位は基本的に施術を受けることができますが、一部の脱毛サロンでは全身の施術自体をお断りしているところもあります。

生理中はホルモンバランスが崩れており、肌がダメージを受けやすくなっているため、そのリスクを回避するための措置です。

脱毛とリスクの関係 リスクを最小限に抑えよう

光脱毛・医療用レーザー脱毛を行う際は、スタッフ、医師、看護師の指示に従い、肌トラブルを起こすリスクを最小限に抑えましょう。

具体的にどのようにすればいいのか挙げさせていただきます。

信頼できる脱毛サロン・美容クリニックを選ぶ

最近では大手の脱毛サロンの口コミを簡単に検索することができます。

その中で、できるだけ評価が高く、信頼できそうな脱毛サロンを選びましょう。

また、美容クリニックの場合は、公式サイトに症例数を載せているところもあるので、その数が多いほうが安心です。

値段だけで決めることはしないようにしましょう。本サイトでもおすすめの脱毛サロン・クリニックを紹介させていただきます。

>> ミュゼの公式サイト&カウンセリング予約はこちらからどうぞ♪

>>リゼクリニックの公式サイト&カウンセリング予約はこちらからどうぞ♪

リスクへの保証をチェック

保証の面で一番安心なのが医師が在籍している医療機関である、美容クリニックでの医療脱毛だと思います。

何かあった場合でも、医師がすぐに処置を行ってくれます。

さらに、その際の診察料、薬代も無料の美容クリニックを選ぶのもアリだと思います。

脱毛サロンの場合は「ドクターサポート」が付いているサロンを選ぶようにしましょう。

これは、万が一の時に病院への付き添い、診察代と治療に必要な料金を全てサロン側が負担してくれるというものです。

自己判断はやめましょう

体調や気分が悪いのに、無理をして施術を受けることは絶対にやめましょう。

万が一、重い肌トラブルを起こしてしまったら後悔してもしきれません。

予約の取り直しは確かに気が重いですが、脱毛は長期戦、無理をせずに慎重にいきましょう。

脱毛とリスクの関係 一番リスクがあるのは自己処理

ここまでで、脱毛サロン・美容クリニックでの脱毛のリスクについては分かりました。

しかし、そのリスクのほとんどはスタッフ、医師、看護師としっかり脱毛プランを立てて進めていけば回避可能なものです。

実は一番のリスクはムダ毛の自己処理にあります。

例えば、カミソリでの自己処理は肌の角質ごと削ってしまうため、ダメージが蓄積され肌が黒ずんで見えるようになります。

また、毛抜きで処理した場合は以下の肌トラブルのリスクがあります。

  • 毛嚢炎
  • 埋没毛(まいぼつもう)
  • 色素沈着(しきそちんちゃく)

ムダ毛を無理やり引き抜くと毛穴はダメージを受け、修復するために膜を張ります。その膜の下でムダ毛が育ってしまうことを埋没毛と呼びます。近くでみると皮膚の中で毛がくるくる伸びているのが見えるため美しくありません。

また、毛穴を引き抜く時のダメージで皮膚はメラニンを出し、修復しようとします。その結果、肌の黒ずみである「色素沈着」が起こります。通常は肌のターンオーバー(新しい角質ができ古い角質が押し出されること)で改善しますが、毛抜きを使い続ける限り、色素沈着は起こり続けます。

短期的に見ると、自己処理はお金がかからず、手軽な気がします。しかし、本サイトで一生カミソリで処理した場合のコストを計算したところ40万円以上になりました。

また、時間の面でも自己処理は「1,440時間」、脱毛サロン「24時間」という結果になりました。

詳しくは下記の記事に記載しておりますので、興味のある方はどうぞ♪
>>脱毛サロンと自己処理 メリット・デメリットを徹底比較!

自己処理の方が時間、お金がかかりますし、様々な肌トラブルを起こすリスクがあります。

そう考えると、脱毛サロンや美容クリニックで脱毛を完了させて、リスクからも解放された方がいいような気がしますね♪

脱毛とリスクの関係 まとめとオススメサロン・クリニック

脱毛サロンや美容クリニックに行くのは最初は勇気がいると思います。

しかし、実際に行ってみると「もっと早く行っておけばよかった~」ときっと思われるはず。

カウンセリングを受けるだけなら無料ですし、無理な勧誘もしてはいけないことになっています。

一度話を聞いてみるだけでも世界が変わるかもしれませんね♪

全国に179店舗!通いやすい脱毛サロンならミュゼプラチナム♪
>>ミュゼの公式サイト&カウンセリング予約はこちらからどうぞ♪

スタンダード総額
全国に17院展開中!痛みの少ないメディオスターNeXTで脱毛できます♪
>>リゼクリニックの公式サイト&カウンセリング予約はこちらからどうぞ♪