薬の服用中に光脱毛を受けられるか調べました!

 
最近では大手脱毛サロンの料金競争・サービス競争が激しくなっていて、キャンペーンを利用すれば数百円で脱毛を完了させることもできる時代になりました。

女性の美意識の高まりも受け、今後、ますます多くの方が脱毛サロンで光脱毛を受けられることが予想されます。

脱毛サロンで行われる「光脱毛」は、肌に優しく痛みの少ない脱毛方法で安心・安全に脱毛をすることができます。

しかし、何かしらの「薬」を服用している場合は注意が必要です。今回の記事では脱毛と薬の注意点についてお話したいと思います。
 

薬の服用中に光脱毛を受けることはできる?

薬の服用中に光脱毛を受けることはできる?

 
薬を服用している方への対応についてですが、多くの脱毛サロンで「医師の確認」が必要となっています。

脱毛サロンは医療機関ではないため、万が一薬を服用している方への施術でトラブルが起こってしまった場合、適切な処置ができません。

またその責任を取ることも難しいため、施術を行う前に医師の確認を取ることを必須条件にしています。

医師の確認さえ取れれば、脱毛サロンで通常の施術を受けられるので安心してくださいね。

脱毛サロンで脱毛を行い、自己処理から解放されれば肌は透明感を増し、キレイになります。

また、自己処理に使っていた時間は自由に使えるようになり、より充実した生活を送れるようになります。

脱毛サロンで脱毛を完了させた8割以上の方がその結果に満足されています。

ミュゼプラチナム

 
脱毛サロンの中で最も人気があるミュゼプラチナム。

口コミ満足度も星4以上と通われたほとんどの方がミュゼを絶賛されています。

ミュゼではお得なキャンペーンを行っており、脇脱毛を数百円で完了させることが可能です。

これから脱毛を始めようと思っている方にイチオシの脱毛サロンです。

口コミ満足度 4.57
通いやすさ 4.80
予約のとりやすさ 3.00

光脱毛時の薬の服用・予防接種の注意点

光脱毛時の薬の服用・予防接種の注意点

 
薬を服用しているのに光脱毛を受けた場合、可能性はかなり低いですが、「光線過敏症」を起こしてしまうこともあります。

※ここでいう「光線過敏症」は施術時の光やレーザーが原因で起こる湿疹や日焼けに似た赤みのことです。

病院で処方された薬を飲んでいる方は、光脱毛を始める前に大丈夫か医師に必ず確認するようにしましょう。

また市販の薬でもトラブルを起こす可能性はあります。自己判断はせず、サロンのカウンセリングで大丈夫か確認を取るようにしましょう。

薬を服用している際の対応はサロンによって違うようです。施術6時間前ならOKというところもありますし、2日は空けないといけないといったところもあります。

また、予防接種については特に厳しくなっており、業界最大手のミュゼでは施術前後10日間はNGになっています。

脱毛前後の予防接種については以下の記事にまとめました。

脱毛前後の予防接種はNG!

薬の服用や予防接種に関しては慎重に、脱毛サロンのカウンセリングで相談し、医師への確認も徹底しましょう。

光脱毛時に服用していてもOKな薬・NGな薬

光脱毛時に服用していてもOKな薬、NGな薬

 
脱毛サロンでは最初のカウンセリングで薬の服用についての質問があります。答えにくい場合もあると思いますが、トラブルにならないためにも正直に伝えるようにしましょう。

脱毛サロンのカウンセリングは医療資格を持っていないスタッフが行う場合がほとんどです。薬の名称だけでは正しい情報は伝わらないので、お薬手帳や薬の効能が記載された書類を持っていくとスムーズです。

もし、脱毛サロン側から薬の服用の質問がない場合は、その脱毛サロンは安全配慮に欠けていて危険なので、避けることをおすすめします。

以下に脱毛を受けられない可能性のある薬の例を挙げさせていただきます。ここにある薬を服用していても、医師の確認が取れれば脱毛を行うことは可能です。

  • 風邪薬
  • 花粉症対策の薬
  • 鼻炎薬
  • 抗うつ剤
  • 血圧を調整する薬

一方、低用量ピルなどは服用OKになっているサロンもあるようです。

光脱毛では痛み止めの服用はダメです!

光脱毛では痛み止めの服用はダメです!

 
脱毛サロンが薬の服用に慎重になる理由には以下のものもあります。肌トラブルを起こすだけでなく、脱毛効果が落ちる場合もあります。

  • 肌荒れや色素沈着を起こすことがある
  • やけどなどの肌トラブルを起こすことがある
  • その他の健康障害を起こすことがある
  • 脱毛効果が落ちる

また、薬の服用の中で最も危険なのが「痛み止め」を使っているのに、それを自己判断で申告しないことです。

光脱毛の施術中に何らかの異常が起きた場合、まず「痛み」によって分かります。

しかし、痛み止めを飲んでいると、その体の信号に気づきにくくなり、場合によってはひどいやけどなどの肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

痛み止めを服用している状態での脱毛が大丈夫かどうか、必ず医師に確認するようにしましょう。

まずないとは思いますが、光脱毛の痛みが怖いからと痛み止めを服用することはやめましょう。光脱毛は肌に優しく、ほとんど痛みがない脱毛方法です。

脱毛前に薬を服用してしまった場合

脱毛前に薬を服用してしまった場合

 
施術日にうっかり薬を服用してしまった場合は、正直に脱毛サロン側に申告し、予約のキャンセルや日程変更を行いましょう。

もし、施術日にうっかり薬を服用してしまい、さらにそれを申告することも忘れて施術を受けてしまった場合は、施術後の肌の状態にいつも以上に気を配りましょう。

施術中は大丈夫でも、しばらく経ってから異常が発生することもあります。何かおかしいと思ったらすぐに皮膚科の医師に診てもらいましょう。

薬と光脱毛 まとめ

薬と光脱毛 まとめ

 
薬を服用している場合は、必ずカウンセリング時に伝えるようにしましょう。

ほとんどの脱毛サロンで医師の確認を取ってくるように言われると思いますが、必ず守り安全な状態で脱毛を始めるようにしましょう。

みなさんがツルスベ肌をゲットできるように当サイトも応援しています。

脱毛ラボ

 

脱毛ラボは大手口コミサイトの脱毛ラボは全身脱毛に強い脱毛サロンですが、部分脱毛の都度払いなどもあり、お客様の様々なニーズにこたえてくれる脱毛サロンです。

また、脱毛ラボではキャンペーンが豊富に用意されており、最大で10万円程度お得に脱毛をすることも可能です。

予約も取りやすく当サイトでもおすすめの脱毛サロンとなっています。

口コミ満足度 4.13
通いやすさ 3.50
予約のとりやすさ 4.00