脱毛とその副作用について調査しました

 
脱毛をするとなると、楽しみな反面、疑問や不安も出てくるのではないでしょうか。「脱毛に副作用はあるのか」という事で不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

体に光・レーザーを当てるわけです。特にこれから初めて脱毛をする方は、以下のような事を考えた事はありませんか?

  • 身体に異常が起きる可能性があるのではないか
  • お肌に赤みやかゆみ、やけどなどが起こるのではないか
  • 最悪皮膚ガンになるリスクが高まるのではないか

ムダ毛が無くなり理想とするお肌が手に入ったのに、副作用の影響で台無しになってしまったら、意味がないですよね。

脱毛サロン・クリニックに通って施術を受けているのに、何かしらの副作用が起きてしまうと、理想のお肌を手に入れる事はできません。

脱毛をする事によって副作用が起きる可能性は低いようです。ただし、脱毛する前に気をつけていただきたい注意事項がいくつかあります。

今回は脱毛をするにあたっての注意事項についてお話ししていこうと思います。お付き合いいただけると嬉しく思います。

 

脱毛で副作用が起こる可能性は少ない

脱毛で副作用が起こる可能性は少ない

 
光・レーザーを照射する事によって、お肌の状態などによって赤み、かゆみ、炎症が起きる事は稀にあります。

しかし、光・レーザーの照射で皮膚ガンになったり体調が悪くなる、という副作用は起こりません。

皮膚ガンなどの副作用が起こらないという医学的な根拠があり、日本医学脱毛協会のウェブサイトにも記載があります。

レーザーの光は皮膚表面から3〜4ミリ程度の場所、つまり毛包に達する程度の深さまでしか届かないようになっています。ですから、血管や内蔵などに影響を与える事はありません。また、皮膚ガンの心配をされる方もいますが、皮膚ガンの原因となるのは紫外線で、レーザーの光は赤外線に近いものですから、これも心配はありません。

また、大手脱毛サロン「ミュゼ」、「キレイモ」に脱毛の副作用について問い合わせたところ、次のような回答をいただきました。

サロン名 回答内容
ミュゼ 脱毛による影響などはない。カウンセリング時にサロンのスタッフより案内がある。
キレイモ 身体に害のない可視光線を使用する。紫外線のように日焼けをしたり、病気になるリスクを高めるといった影響はない。

皮膚がんを引き起こす原因となるのは「紫外線」です。脱毛サロン・クリニックで使用される光・レーザーは「赤外線」に近いので、そもそも性質が違います。

副作用だけでなく、後遺症や今後の生活に影響がある、という事もありません。安心してくださいね。

妊娠中や授乳中、生理中の脱毛も副作用はないの?

妊娠中や授乳中、生理中の脱毛も副作用はないの?

 
妊娠中や授乳中は脱毛を断られる事が多いようです。しかし、これは胎児に副作用が出るからではありません。妊娠中、授乳中、生理中の女性はホルモンバランスが通常と異なるためです。

生理周期が安定していなかったりホルモンバランスが崩れていると、脱毛効果が出にくくなります。

妊娠中、授乳中は脱毛サロン・クリニックでの脱毛を避け、電気シェーバーを使って「剃る」ようにしましょう。

妊娠中の脱毛についてはこちらに詳しく書きましたので、興味のある方はどうぞ。

妊娠中の脱毛について調査しました

出産後の対応について、大手脱毛サロンの「ミュゼプラチナム」と「キレイモ」に問い合わせてみたところ、以下のような回答が得られました。

サロン名 回答内容
ミュゼ 出産・授乳後、生理が2〜3回以上来たら脱毛が可能
キレイモ 出産・授乳後、1回目の生理が始まったら脱毛が可能

脱毛による皮膚への副作用はないの?

脱毛による皮膚への副作用はないの?

 
光・レーザーは皮膚に照射するため、体内よりも脱毛後のお肌の状態にこれからお話しするような可能性が考えられます。

光・レーザーは共に、「メラニン」という黒い色素に反応します。そのため、黒い色素が入っている場合は、基本的に以下の部位に光・レーザーを照射することはできません。

  • 日焼けをしたお肌
  • シミ、あざ
  • タトゥー

これらの部位に光・レーザーが当たらないようにシールを貼るなど、保護をしてから脱毛を行います。

少し日焼けをして赤くなっている程度なら、他の部位と同じように施術してもらえます。

ただし、脱毛後に「やけどや色素沈着のトラブルが起こる事はない」、と言い切る事はできません。

やけどや色素沈着に関しての説明がなかったり、「やけどなどの副作用がない」と言い切っている脱毛サロン・クリニックは危険なので避けるようにしましょう。

脱毛に関してのリスクを、しっかり説明してくれる脱毛サロン・クリニックを選択しましょう。

脱毛後に汗が増える副作用があるの!?

脱毛後に汗が増える副作用があるの!?

 
脱毛経験者の口コミ・感想などを見ていると、「汗の量が増えたような気がする。副作用じゃないの?」といった内容を見かける事があります。

しかし、これは副作用ではなく、以下の理由によるものです。

  • 今まで汗を吸収していた毛が少なくなったから
  • 毛自体がなくなった事で、皮膚や服との摩擦が増え、汗の量が増えたように感じられる

脱毛の副作用で汗が増えるわけではないので、心配する必要はありません。安心してくださいね。

副作用の心配がなく安心できる脱毛を行うために、あなたが納得するまでリスクを説明してくれる脱毛サロン・クリニックを選びましょう。

脱毛とその副作用について まとめ

脱毛とその副作用について まとめ

 
脱毛サロンの光脱毛は光の出力自体が弱いため、痛みが少なくお肌に優しい脱毛をする事ができます。

光脱毛でトラブルが起きたという話は聞いたことがありませんし、万が一トラブルが発生したとしても医療機関と提携している脱毛サロン、ドクターサポートシステムがあるサロンもあります。肌トラブルが心配な方はそういったシステムがある脱毛サロンを選ばれるといいかと思います。

また、脱毛サロンは全国に展開しているところが多いので、利便性を重視する方におすすめします。

一方、美容クリニックによるレーザー脱毛はレーザーの出力が強いため、炎症等の症状が出る場合もありますが、ほとんどの場合一時的なもので、きちんとアフターケアすれば問題ありません。

また、美容クリニックには医師が在籍しているため、万が一のトラブルが発生した場合もその場で対応してもらえるため安心です。

全国展開しているクリニックが少なく、通いにくい場合があるというデメリットもありますが、高い脱毛効果を得たい、安心・安全に脱毛したい方には美容クリニックのレーザー脱毛がおすすめです。