ほくろと脱毛の関係についてまとめました

 
脱毛サロンやクリニックで脱毛する時に「ほくろ部分の脱毛はできるの」と思いませんか?

結論からお話すると、「できる場合もあるし、できない場合もある」です。

さらにクリニックでレーザー脱毛をする場合、薄いほくろなら脱毛時に消すこともできます。脱毛もできて、ほくろも消せるってすごいと思いませんか?

今回は「脱毛」と「ほくろ」の関係について記事を書かせていただきました。脱毛を検討されている方必見の内容となっていますので、ぜひ読んでくださいね。

 

脱毛方法で違う対応

脱毛方法で違う対応

 
脱毛サロンや、美容外科・クリニックでは、「メラニン」という黒い色素に反応する光・レーザーを使います。この光・レーザーの熱で、毛根にダメージを与えてムダ毛を処理していきます。

黒い色素に反応するということは、ほくろにも反応するということになります。「それって大丈夫なの」と不安に思われる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

脱毛サロン・クリニック共に、脱毛をする時にほくろがあるから施術を断られる、ということはありません。基本的にほくろをシールで保護したり、ペンで囲って、ほくろに光・レーザーを当てないようにして施術が行われます。

しかし、脱毛サロンはクリニックに比べると慎重な場合が多く、クリニックではOKな小さいほくろ、薄いほくろに対しても光を当てないようにします。これにより、脱毛サロンではクリニックより、施術を行える部分が少なくなってしまいます。

光脱毛を行う時のほくろへの対応

光脱毛を行う時のほくろへの対応

 
光脱毛を行う時は、大きいほくろがある部分は脱毛することができません。理由は先程の書かせていただいたように、光・熱によるやけどなどのトラブルを防ぐためです。

一方、小さなほくろがある部分は脱毛サロンやスタッフの判断でOKならばそのまま脱毛を行います。スタッフが危険だと判断したほくろの部分は、シールなどを貼り、照射された光がほくろやその周りの皮膚に当たらないようにします。

脱毛サロンによって、施術ができるほくろの大きさの目安は異なります。また、光脱毛ではほくろは消えることは基本的にありません。

光脱毛にはSSC(スムース・スキン・コントロール)方式とIPL(インテンス・パルス・ライト)方式がありますが、どちらの方式もほくろに関しては同じ対応を行います。

※SSC方式とIPL方式については以下の表を参考にしてください。

SSC方式 IPL方式
脱毛方式 光に反応するジェルをお肌に浸透させ、ジェルと照射の相乗効果によって抑毛させる。 メラニン色素に反応し、毛根にダメージを与え毛の抜け落ちを促進する。
使用用途
ダメージ
元々はシミや痣の治療として使われていた お肌が受けるダメージはほとんどない
脱毛時間 両脇なら5分程度で施術が終わる 両脇なら3分程度で施術が終わる

レーザー脱毛を行う時のほくろへの対応

レーザー脱毛を行う時のほくろへの対応

 
医療レーザー脱毛を行う時は、それほど大きいほくろでない場合、そのままレーザーを照射します。

最近のレーザー脱毛は「アレキサンドライトレーザー」というレーザーが主流です。アレキサンドライトレーザーでは、薄く小さいほくろならレーザー照射時に消えることもあります。

レーザー脱毛を扱っているクリニックでは、ほくろの除去の取扱をしているクリニックもあります。ほくろがコンプレックスの方は脱毛前にほくろの除去をしてもいいかもしれません。

脱毛とほくろ除去を一つのクリニックで行えるというのが、レーザー脱毛を選択するメリットではないでしょうか。

ニードル脱毛(美容電気脱毛)を行う時のほくろへの対応

ニードル脱毛(美容電気脱毛)を行う時のほくろへの対応

 
ニードル脱毛は脱毛効果が高く、さらに施術後すぐに毛が抜け落ちます。しかし、激しい痛みが伴うため、現在取り扱っている脱毛サロンやクリニックはほぼありません。

現在は光脱毛、医療レーザー脱毛が主流になっています。ここでは参考までにニードル脱毛を行う時のほくろの対応を書かせていただきます。

ニードル脱毛を行う時、ほくろの有無は基本的に関係ありません。ニードル脱毛は毛穴1本1本に電気を流して脱毛する方法です。そのため、ほくろがあってもなくても変わりません。

ニードル脱毛は、ほくろが大きくなければ、そのほくろから出ているムダ毛に対して施術を行うことができます。しかし、大きなほくろの場合は、施術を行えない場合があります。その判断は、脱毛を行うサロン、クリニックによって異なります。

ほくろと脱毛の処理を同時に行いたいなら、クリニック一択!

ほくろと脱毛の処理を同時に行いたいなら、クリニック一択!

 
ムダ毛と一緒にほくろも綺麗に取り除きたいという方は、クリニックで脱毛を受けることをおすすめします。

クリニック・美容外科によっては、ほくろ除去の手術を受けることができる場合があります。大きいほくろが気になる方や、ほくろ部分のムダ毛も処理したい方は、一緒にほくろ除去手術を受けてもいいかもしれません。

ほくろの除去手術は「受けないといけない」というわけではありません。ほくろを除去しない場合は、ほくろの大きさや濃さにもよりますが、その部分を避けて施術が行われます。

脱毛サロンは医療機関ではないため、ほくろを除去することはできません。大きいほくろがあり、脱毛と一緒に除去手術を行いたい場合はクリニックを選択されることをおすすめします。

ほくろへの対応を比べた上で、ご自分に合った脱毛方法を検討し、理想とするお肌を手に入れてくださいね。

ほくろ除去の取り扱いのあるクリニック

ほくろ除去の取り扱いのあるクリニック

 
こちらではほくろ除去の取扱のあるクリニックを二つご紹介させていただきます。

フェミークリニック

ほくろの除去、医療脱毛なら圧倒的な症例数を誇るフェミークリニックがおすすめです。東京・大阪に6院開院中です。
※クリニック数は2018年6月時点

アリシアクリニック

アリシアクリニックではレーザー脱毛はもちろんほくろの除去もできます。関東圏に15院開院中です。
※クリニック数は2018年6月時点