レーザー脱毛後の赤みがなかなかひかない時は・・・

レーザー脱毛後の赤みがひかない!対処法をご紹介します

脱毛方法の中で最も効果があるのは、医療レーザーでの脱毛です。医療機器ということでパワーがとても強いです。

しかし、パワーの強い脱毛方法では、お肌にもそれだけの負担がかかっているということでもあります。

レーザー脱毛をした後に起きるお肌の赤みは、よくあるトラブルの一つです。医療レーザーをしようと考えている方には、是非覚えておいていただきたい内容です。

  • なぜお肌に赤みが起こるのか
  • 赤みはいつまで続くのか
  • なかなか赤みが引かない時はどうしたらいいのか

脱毛後の赤みについて、以上3つのことをお話ししていくので最後までお付き合いいただけると幸いです。

レーザー脱毛後の赤みがひかない!対処法をご紹介します

レーザー脱毛後に起きるお肌の赤みの正体

クリニックで行われる脱毛で使用されるレーザーは、「メラニン」という黒い色素に反応するようになっています。そのため、お肌に直接影響を与えることはありません。しかし、その際に発生する熱によって、軽いやけどを引き起こしてしまうことがあります。

クリニックなどでレーザー脱毛を行った後に、お肌に赤みがかかった状態になることがあります。この赤みの原因は、お肌に照射されたレーザーが持っている熱によって起こった炎症です。紫外線が原因となって起きる軽い日焼けと同じような状態になっています。

赤み自体は基本的に心配がない

レーザー脱毛後のお肌の赤みは、レーザー脱毛を行った方のほとんどに起こる現象です。そのため、それほど心配することではありません。しかし、お肌の弱い方は赤みがひどくなってしまうことがあります。そのため、あらかじめ医師に相談しておくことが大切です。

また、レーザー脱毛後にお肌が炎症を起こしてしまう危険性がどれくらいあるかを確認してもらうことができます。しっかりと確認をしてからレーザー脱毛を行うことをオススメします。

赤みの原因となる炎症をなるべく起こさないように施術が行われます。しかし、施術する方の技術・処置方法などによって赤みの度合いが変わってくることがあります。

なるべく評判のいいクリニックなどで施術を受けるようにして、赤みを起こす原因を減らすようにしましょう。

レーザー脱毛後に起きた赤みが引くまでどれくらいかかるの?

レーザー脱毛後の赤みは、お肌がやけどや日焼けをしたような状態になって、炎症を起こしていることが原因です。そのため、レーザー脱毛後しばらくは、ひりひりとした痛みや違和感を感じることがあります。この状態も3日程すれば改善されてきます。

敏感肌などお肌の弱い方は、赤みが引くまでの期間がもう少し延びてしまうことがあります。しかし、適切な処置を行っていれば、いずれ引いてくるので安心してくださいね。個人差はありますが、レーザー脱毛後に起きる赤みは、約1週間くらいで引く場合がほとんどのようです。

赤みには種類がある

一口にお肌の赤みといっても、毛穴が赤くなっている状態か、お肌まで赤くなってしまっている状態かによって、赤みが引くまでの期間が変わってきます。

毛穴が赤くなっているだけの状態なら、レーザー脱毛後、2~3日で治ります。しかし、お肌まで赤くなってしまっている状態なら、1週間~10日くらいかかってしまいます。ただし、これはあくまでも一般的な目安の期間になっているため、レーザー脱毛を行う前に医師としっかりカウンセリングをしましょう。そして自分のお肌の状態を把握しておくようにしましょう。

顔脱毛は、デリケートな部分への施術となるため、他の部位と比べて赤みが引くまでの期間が長くなってしまうことがあります。最終的には綺麗なお肌に戻すことができるので安心してくださいね。

顔のレーザー脱毛とお肌の赤み

レーザー脱毛後のお肌の赤みは、人によってはかなり気になるものだと思います。腕や脚などの脱毛を行った場合は、衣類などを使って隠すことが可能になります。しかし、顔の脱毛を行った場合は、衣類などで隠すことが難しくなります。

女性の方は人目を気にしてしまう方が多いので、人前に出る予定がないタイミングで顔の脱毛を行うことをオススメします。

顔脱毛で注意したいこと

レーザーの熱によるエネルギーによって、毛穴やお肌に炎症が起きてしまいます。この炎症が治まるまでの3日程は、なるべく外出を控え、しっかりと保湿などのケアをするようにしましょう。どうしても外に出る必要がある場合は、マスクで隠したり、ガーゼなどを上から当てるようにしてください。

  • 顔の赤みが解消されない
  • ひりひりとした痛みが続く

以上の状態が、炎症が治まる目安である1週間を経過しても続くようであれば、脱毛を行ったクリニックに連絡をして適切な処置をしてもらいましょう。

炎症をなるべく早く抑えるために、お風呂に長時間浸かるようなことは避けましょう。しばらくは、シャワーのみを使用するように心がけてください。

また、激しい運動や飲酒などの体を温めるような行動は避けるようにしましょう。

レーザー脱毛後の赤みが引かない時は・・・

レーザー脱毛を行った後は、クリニックの医師によって適切な処置をしてもらうことができます。しかし、家に帰ってからは自分でケアをしていくことになります。

日焼けをしたような状態になっているため、しっかりとした保湿を行うことが、お肌の赤みの対処で大切になってきます。

自分で行うスキンケア

毎日しっかりと化粧水や乳液、美容液を使ってお肌にしっかりと水分を浸透させるようにしてください。赤みがなかなか治まらない場合には、冷やしたタオルをお肌に当てて冷却することで対処することが可能です。

お肌に炎症が起きている時に外に出て紫外線を浴びてしまうと、お肌の炎症がひどくなったり、日焼けをしてしまうことがあります。そのため、なるべく外に出ないように心がけて、どうしても外に出る必要がある場合には、日焼け止めクリームなどを使用してお肌を守るようにしてください。

  • 保湿
  • 冷却
  • 日焼けの防止

これらの対処を正しく行っていれば、お肌の赤みの原因となる炎症を早めに抑えることができます。どうしても炎症が治らなかったり、ひりひりとした痛みが長く続くようであれば、施術を受けたクリニックに連絡をして、きちんと見てもらうことをオススメします。

対処法については、レーザー脱毛を受けた後に医師から説明があると思うので、その指示にしっかりと従うようにしてください。

レーザー脱毛後の赤みがひかない!こんな時どうする? まとめ

赤みをはじめとした肌トラブルの症状が強く出ている、または施術から1週間を過ぎても治まる気配がない・・・そんな時は施術を受けたクリニックに連絡してください。

1週間を待たなくても、気になったら早めに相談しましょう。


関東圏で永久脱毛するならアリシアクリニックがオススメ!
>> アリシアクリニックの公式サイト&カウンセリング予約はこちらからどうぞ♪


銀座、名古屋で永久脱毛をするなら、ブランクリニックがオススメ☆
>> ブランクリニックの公式サイト&カウンセリング予約はこちらからどうぞ♪