脱毛前は電気シェーバーでムダ毛を剃ろう!その理由とは!?

 
脱毛をしたいと思っているなら、次のような疑問ってありませんか?

ムダ毛を伸ばした状態で脱毛に行くの?
脱毛期間中はどうやってムダ毛処理すればいいの?
脱毛で追加料金とかとられない?

実は「脱毛に行くときってムダ毛を剃るの?」と多くの方が疑問に思われます。

私も脱毛サロンでカウンセリングを受ける前は「?」マークだらけでした。

以前の私と同じ気持ちのあなたへ、脱毛と自己処理についてご紹介したいと思います。

  • 脱毛前の自己処理と自己処理が必要な理由
  • 「剃り残し」「手の届かない部位」の「脱毛サロン」「クリニック」別対応
  • 「ムダ毛を剃る」以外で気をつけたいこと
  • ムダ毛を剃るのにベストなタイミング

この記事を読めば、脱毛期間中のムダ毛処理について不安が解消されますし、「脱毛サロン」「クリニック」選びの役にも立ちます。

 

脱毛前はムダ毛を剃る必要あり

脱毛前はムダ毛を剃る必要あり

 
「光脱毛」「医療レーザー脱毛」では、施術予定日の3日〜前日までにムダ毛の自己処理をする必要があります。

自己処理は「電気シェーバーで剃る」のがベストです。
その理由は次のとおりです。

  • 刃が直接肌に当たらないため、お肌に優しい
  • カミソリでは角質も削ってしまうため、お肌に優しくない
  • 毛根を引き抜いてしまうと脱毛効果を得られない

自己処理をする時は「毛抜き」「脱毛ワックス」など、「毛根ごと引き抜く」タイプの自己処理方法は絶対にNGです。

脱毛に使われる「光」「レーザー」は、毛根の黒い色素に反応し、脱毛効果を発揮します。

そのため、毛根がない状態だと「光」「レーザー」が反応せず、毛を生やし成長させる組織にダメージを与えることができません。

脱毛効果を得られないなら、施術自体がむだになり、回数のみを消化してしまうので、かなりもったいないことになります。

また、ムダ毛を剃らずに脱毛を受けることはできません。
その理由は、「光」「レーザー」が剃っていない部分の毛に反応し、火傷を起こす恐れがあるためです。

ムダ毛を全く剃らずに「脱毛サロン」「クリニック」に行った場合、脱毛自体を断られることもあります。

脱毛前のムダ毛の剃り方と疑問点を解決!

脱毛前のムダ毛の剃り方と疑問点を解決!

 

脱毛前にムダ毛を剃るといっても、手が届かなかったり、剃り残しが起こることもあります。

そのような場合の対応はどうなっているのか、こちらではその疑問を解決します。

剃り残しがあった場合の対応は?

剃り残しがあった場合の対応は「脱毛サロン」「クリニック」によって異なります。

  • 剃り残し部位を避けて施術を行う
  • 無料のシェービングサービスを利用できる
  • 有料のシェービングサービスを利用できる
  • シェービングに時間がかかった場合、施術時間が短くなる

有料の場合のシェービング代は、500~1,000円程度必要です。

毎回シェービング代がかかるのはもったいないですよね。

また、施術時間が短くなったために、予定していた部位の施術が終わらないこともあります。

手が届かない範囲のシェービングは?

手が届かない範囲のシェービングも「脱毛サロン」「クリニック」よって違います。

  • 特定の部位に限り無料で剃ってもらえる
  • 部位に関係なくシェービング代がかかる
  • 無料のシェービングサービスに含まれる

シェービング代がもったいないからと、手の届かない範囲を無理に剃るのは危険です。

もし、肌を切ってしまった場合、その部位の施術を受けられません。

手の届かない範囲のシェービングサービスがある「脱毛サロン」「クリニック」を選ぶか、手の届かない部位はシェービング代を払って剃ってもらいましょう。

カウンセリング時も剃っていくの?

「光脱毛」「医療脱毛」を始める前に、無料のカウンセリングを受け「肌質」「毛質」「ムダ毛の状態」を確認してもらう必要があります。

そのため、初回はムダ毛を剃っていく必要はありません。

ムダ毛の状態を確認してから、自身に最適な「プラン」「コース」の提案をしてもらえます。

当日にテスト照射を受けられる「脱毛サロン」「クリニック」もありますが、ムダ毛を剃っていく必要はありません。

施術を受ける前はムダ毛を剃るの?

無料カウンセリングが終わり、本格的に脱毛を始めるようになったら、予約日の3日~前日までに施術部位のムダ毛を剃るようにしましょう。

ムダ毛を剃っていく理由には次のものがあります。

  • 伸びたムダ毛に「光」「レーザー」を反応させないため
  • 脱毛効果を最大限に高めるため

脱毛に使われる「光」「レーザー」は、毛根の黒い色素に反応します。

ムダ毛を伸ばしたままだと、肌の上の伸びている部分にも反応しやけどの原因となります。

また、伸びたムダ毛部分に「光」「レーザー」が反応してしまい、効果は分散します。

その結果、施術を受けても十分な脱毛効果を得られません。

ムダ毛はいつ剃ればいい?

自己処理でベストなタイミングは施術2~3日前です。

また、施術部位のムダ毛は電気シェーバーで剃るようにしましょう。

カミソリでムダ毛を剃るときに角質ごと削ってしまい、乾燥の原因となります。

お肌が乾燥した状態で、「光脱毛」「レーザー脱毛」を受けると、「赤み」「かゆみ」が強く出ることがあります。

そのため、カミソリでの除毛はさけ、電気シェーバーで剃るようにしましょう。

電気シェーバーを使った除毛は、肌に優しいのですが、使い方が悪いとお肌にダメージを与えてしまうことがあります。

カミソリや電気シェーバーを使った「除毛によるダメージ」「剃り残し」を考慮して、2~3日前に自己処理をしましょう。

2~3日前なら「ムダ毛が伸びてしまっている」「肌にダメージが残っている」ということも少ないと思います。

ムダ毛が「濃い方」「伸びるのが早い方」は、2日~前日を目処にムダ毛を剃りましょう。

自己処理を忘れてしまったら?

自己処理を忘れてしまった場合の対応は「脱毛サロン」「クリニック」によって異なります。

大手の「脱毛サロン」「クリニック」の対応をまとめます。

脱毛サロン
クリニック
シェービングサービス・対応
キレイモ 月額制:1,000円
回数制:無料
永久保証プラン:無料
銀座カラー ・電気シェーバー持参でシェービングをしてもらえる
・忘れた場合はシェーバー購入の必要あり
ミュゼ 背中上下・襟足・ヒップ奥は無料シェービング
それ以外の部位は施術できない
脱毛ラボ VIO込み:1,500円
VIO抜き:1,000円
湘南美容クリニック 剃り残しは1部位500円のシェービング代が必要
アリシアクリニック 背中・うなじ・VIOはシェービング無料
2,000円のシェービングサービスもあり
リゼクリニック 剃り残しのシェービング代は無料

シェービングサービスも「脱毛サロン」「クリニック」選びの参考にしてくださいね!

こちらの記事も「脱毛サロン」「クリニック」選びの参考になります。
興味のある方はぜひ読んでみてくださいね!

ムダ毛の自己処理以外で重要なこと

ムダ毛の自己処理以外で重要なこと

 

脱毛前にムダ毛を剃ることは重要ですが、他にも気をつけないといけないことがあります。

脱毛前後はお酒と入浴を控えよう!

脱毛前後は「体を温めないこと」が重要です。

脱毛前の「飲酒」「入浴」は体を温め、血行を良くします。
体温が上がっている状態で施術を受けると「赤み」「かゆみ」が起こりやすくなります。

脱毛後の「飲酒」「入浴」にも注意が必要です。
理由は脱毛前と同じで、体を温め血行をよくすることで「赤み」「かゆみ」の症状を悪化させてしまうためです。

脱毛後は温めのシャワーで体を優しく洗うようにしましょう。

脱毛期間中の注意点については、次の記事にまとめましたので、興味ある方は読んでみてくださいね!

脱毛前は電気シェーバーでムダ毛を剃ろう!その理由とは!?まとめ

脱毛前は電気シェーバーでムダ毛を剃ろう!その理由とは!?まとめ

 

今回の記事では、脱毛前の自己処理について、次のことをご紹介しました。

  • 脱毛前の自己処理と自己処理が必要な理由
  • 「剃り残し」「手の届かない部位」の「脱毛サロン」「クリニック」別対応
  • 「ムダ毛を剃る」以外で気をつけたいこと
  • ムダ毛を剃るのにベストなタイミング

ムダ毛の処理は、初回カウンセリング時は不要です。

本格的に脱毛を始めるようになったら、施術3日前~前日に電気シェーバーで剃りましょう。

肌を傷つけないように丁寧に剃ることで、脱毛はスムーズに進みます。

脱毛を始める前はいろいろ疑問点があると思いますが、始めてしまえば「こんなものか~」と安心されるはず。

気持ちを楽にして脱毛を検討してみてくださいね!