「脱毛前」「脱毛当日」「脱毛後」の注意点と4つのポイントとは?

 
「脱毛サロン」「美容クリニック」で脱毛を受ける場合、いくつか守らないといけないことがあります。

無料カウンセリング時に説明を受けますし、資料も渡されますが、「正直めんどう・・・」だと思われる方も多いのではないでしょうか。

しかし、注意点を守らないことで肌トラブルを起こしたり、施術を受けられないことがあります。
そのため、脱毛時の注意点を押さえ守ることはとても重要です。

今回の記事では、脱毛時の注意点について次の内容をご紹介しています。

  • 脱毛前の注意点
  • 脱毛当日の注意点
  • 脱毛後の注意点
  • 脱毛を受けられないケース

「脱毛前」「脱毛当日」「脱毛後」にしてはいけないことは多くありますが、実は4つのポイントに分類することができます。

今回の記事を読めば、脱毛期間中の注意点がわかり、安全に脱毛を進めることができます。
また、記事のまとめでは、注意点を「4つのポイント」に分類し、わかりやすくしています。

 

脱毛前の注意点

脱毛前の注意点

 

引き抜くタイプの自己処理

毛を引き抜くタイプのムダ毛処理は全てNGです。

「光脱毛」「レーザー脱毛」は、毛根に反応する光線を照射し脱毛を行います。

「毛抜き」「脱毛ワックス」などで毛を引き抜くと毛根がなくなるため、「光」「レーザー」が反応せず、脱毛効果を得られません。

また、毛抜きなどを使ったムダ毛処理では、「埋没毛」「毛嚢炎」「色素沈着」のリスクもあります。

脱毛前に限らず、脱毛期間中は引き抜くタイプのムダ毛処理は全てNGです。

日焼け

脱毛前に日焼けをしてしまった場合、ほとんどの脱毛サロンで施術自体を断られます。

また、クリニックでも一部の脱毛機を除いて、日焼け肌の脱毛は行なえません。

日焼け肌の場合、「光」「レーザー」が肌の色素に反応し、やけどなどの肌トラブルにつながる危険性があります。

脱毛前もそうですが、脱毛期間中の日焼けはNGです。

「光脱毛」「レーザー脱毛」は、肌が白いほど、脱毛効果を発揮します。

薬の服用

薬を服用している場合、ほとんどの脱毛サロンで医師の確認が必要となります。

また、美容クリニックで医療脱毛を受ける場合は、医師に服用中の薬を確認してもらうことになります。

例えば、痛み止めを服用し施術を受ける場合、肌に異常が起こったことを知らせる「痛み」を感じにくくなり危険です。

また、薬の服用で思わぬトラブルが起こってしまうことがあります。

全ての薬がだめということではありませんが、カウンセリングで正直に申告し、医師のチェックを受けるようにしましょう。

予防接種

ほとんどの「脱毛サロン」「美容クリニック」では、施術前後の予防接種はNGとなっています。

これは、予防接種で「発熱」「腫れ」などの症状が出ることがあり、そこに「光」「レーザー」を照射すると症状を悪化させてしまうためです。

また、予防接種を受けた後はしばらくの間、体調を崩しやすくなります。
トラブル回避のために脱毛前の予防接種もNGとなっています。

脱毛サロンの「ミュゼ」では、施術前後10日以内の予防接種はNGです。
リゼクリニック」では、施術前後2週間以内の予防接種はNGです。

飲酒

脱毛前日にお酒を飲んだ場合、施術を断られることがあります。

お酒を飲むと血行が良くなり、「赤み」「かゆみ」が起こりやすくなります。
また、「赤み」「かゆみ」が出た場合、お酒を飲んでいる状態だと症状は強く現れます。

脱毛前日はお酒を飲まないようにしましょう。

脱毛当日の注意点

脱毛当日の注意点

 

「制汗剤」「保湿剤」「日焼け止め」の使用

施術当日に「制汗剤」「保湿剤」「日焼け止め」を使うと、毛穴が詰まった状態になり、「光」「レーザー」が毛根に届きにくくなります。

毛穴が詰まると、十分な脱毛効果を得られません。

施術当日は「制汗剤」を使わないこと、「クリーム系」「オイル系」の「保湿剤」「日焼け止め」を使わないことが重要です。

「保湿剤」「日焼け止め」については、「リキッドタイプ」「スプレータイプ」のものを使うようにしましょう。

飲酒

前日の飲酒もだめなのですが、当日の飲酒もNGです。

飲酒をすることで結構が良くなり、「赤み」「かゆみ」が起こりやすくなります。

「お酒が入っている」と判断された場合、ほとんどの「脱毛サロン」「クリニック」で施術を断られます。

シェービング

当日のシェービングも肌を傷つけるためNGです。

シェービングは当日にするのではなく、前日までにすませておきましょう。

また、カミソリを使ったシェービングは角質も削ってしまい、乾燥の原因となります。

シェービングをする際は、フェリエなどの電気シェーバーを使いましょう。

脱毛後の注意点

脱毛後の注意点

 

入浴

湯船に浸かるのは、施術後「赤み」「かゆみ」がひいた翌日以降にしましょう。

湯船に浸かると血行がよくなり、「赤み」「かゆみ」が悪化する場合があります。

また、湯船には雑菌が多く存在し、毛穴に入った場合、肌トラブルの原因となります。

湯船に浸かるのは「赤み」「かゆみ」がおさまり、肌の状態が改善してからにしましょう。

それまでは、温めのシャワーで体を優しく洗いましょう。

温泉

温泉も家庭での入浴と同じ理由でNGです。

温泉は多数の方が利用される分、雑菌も多く存在します。
そのため、家庭での入浴よりも注意が必要です。

岩盤浴・サウナ

脱毛後、数日は「岩盤浴」「サウナ」もNGです。

「岩盤浴」「サウナ」にも「雑菌の問題」「赤み・かゆみ悪化の問題」があります。

「岩盤浴」「サウナ」は、「赤み」「かゆみ」がおさまってからにしましょう。

プールや海水浴

プールにも雑菌はいますし、その雑菌を処理するために塩素が使われます。

この塩素は、脱毛でダメージを受けているお肌にとってよくありません。

また、海にも微生物はおり、海水もお肌にとってよくありません。

プールに行ったり、海水浴をするときに日焼けもしやすくなります。

プールや海水浴に行くなら、施術後1週間は空けるようにし、日焼け対策もしっかりと行いましょう。

激しい運動

脱毛後に汗をかくような運動はNGです。

運動をすることで血行がよくなり、「赤み」「かゆみ」が悪化しやすくなります。

肌トラブルを起こさないために、脱毛後は運動などはせず、ゆっくり過ごすようにしましょう。

日焼け

「光脱毛」「医療レーザー脱毛」後のお肌はダメージを受けており、軽いやけどを起こした状態になっています。

そこに、紫外線のダメージが加わると、「赤み」「かゆみ」は悪化しますし、シミなどの色素沈着の原因となってしまうことがあります。

脱毛後は肌の露出が少ない服装にしたり、日焼け止めで紫外線対策をしましょう。

予防接種

「脱毛サロン」「美容クリニック」では、施術前だけでなく施術後10~14日以内の予防接種はNGです。

予防接種では、病気に対する免疫をつけるために、抗原物質(ワクチン)を投与します。

予防接種で副作用が現れる方もいますし、現れない方も数日は体調を崩しやすくなります。

「赤み」「かゆみ」の症状を悪化させたり、思わぬトラブルを起こさないようにために、脱毛後の予防接種のタイミングに気をつけるようにしましょう。

マッサージ・エステ

「マッサージ」「エステ」を受けることも血行がよくなり「赤み」「かゆみ」悪化の可能性があるためNGです。

脱毛後は基本的に体を温める行為はNGです。

クーリングをすることで、肌の状態は落ち着くため、家でクーリングをしながらゆっくり過ごすようにしましょう。

保湿クリーム・制汗剤

脱毛後に保湿をすることは重要ですが、保湿クリームが毛穴に入り込んでしまうことがあります。

保湿クリームには油分が含まれているものが多く、毛穴に入ると取り除きにくいことがあります。

脱毛後は保湿化粧水を使うか、「サロン」「美容クリニック」に使ってもいい保湿クリームを聞いてみましょう。

また、脱毛後に制汗剤を使った場合、毛穴をふさぎ肌トラブルの原因となります。

制汗剤を使うのは、脱毛を受けた次の日以降にしましょう。

注意!こんな時は脱毛を受けられないことも・・・

注意!こんな時は脱毛を受けられないことも・・・

 

自己処理をしていなかった・剃り残しがあった

基本的に脱毛前のシェービングは自分で行います。

もし、自己処理をせずに脱毛に行った場合、施術自体を断られる可能性があります。

また、剃り残しがあった場合、その部位を避けて施術が行われる「脱毛サロン」「クリニック」もあります。

自己処理は手の届く範囲は丁寧にし、手の届かない範囲のみ「スタッフ」「看護師」の方にお願いするようにしましょう。

妊娠中・授乳中

「妊娠中」「授乳中」はホルモンバランスが乱れ、肌トラブルを起こしやすくなります。

そのため、「妊娠中」「授乳中」は脱毛を行えない「脱毛サロン」「クリニック」がほとんどです。

これは、自身の体を守るために大切なことなので、妊娠がわかった段階で「脱毛サロン」「クリニック」に伝えるようにしましょう。

生理の場合

生理中も「ホルモンバランスの乱れ」「衛生上の問題」から、施術を受けられないことがあります。

多くの「脱毛サロン」「クリニック」では、VIOラインを除く施術は受けられますが、中には施術自体を受けられないところもあります。

脱毛の予約が生理と重なりそうな場合、早めに予約変更をしましょう。

体調がすぐれない場合

脱毛は肌にダメージを与えますし、施術も長時間に渡ればストレスとなります。

「風邪気味」「頭痛」「吐き気」などの症状があったり、体調が良くないなと感じた場合は、無理をせず予約の変更をしましょう。

「脱毛前」「脱毛当日」「脱毛後」の注意点と4つのポイントとは?まとめ

「脱毛前」「脱毛当日」「脱毛後」の注意点と4つのポイントとは?まとめ

 
ここまで、脱毛についての注意点をご紹介してきました。

「やってはいけないことが多すぎて辛い・・・」「めんどう・・・」と思われた方も多いはず。

しかし、脱毛の注意点は4つに分類できます。

  1. 毛穴にダメージを与えない
  2. 体を温めない
  3. お肌に刺激を与えない
  4. 薬の服用に注意

守らないといけないのは、基本的にこの4つに関係することのみです。
数日間のことですし、これなら守れそうだと思いませんか?

多分大丈夫だろう」と自己判断をするのは危険なので、しっかりと守るようにしましょうね。

この注意点を守って脱毛を進めれば、きれいなお肌が手に入りますよ!