脱毛するなら、知っておかないといけない注意点を抑えておこう

知らないと危険・・・脱毛に関する10の注意点

脱毛サロン・クリニックに通うにあたって、注意することがいくつかあります。

注意点については、カウンセリング時や施術の当日に説明を受けると思います。しかし、それらを全て覚えておくのは難しいですよね。

「このくらいなら大丈夫」と自己判断をすると、後悔してしまうことがあるかもしれません。そうならないように、脱毛サロン・クリニックの注意点はきちんと守るようにしましょう。

注意点の中には当日脱毛を受けられなくなる重要なものもあります。「どうしても・・・」という場合を除いては、必ず守るようにしましょう。

知らないと危険・・・脱毛に関する10の注意点

脱毛前日・当日・施術後の注意点

冒頭でお話ししたように、脱毛サロン・クリニックで脱毛する時には、いくつかの注意点があります。その注意点ですが、「肌に負担を与えないため」、「しっかり脱毛効果を得るため」、などの理由があります。

せっかく予約を取って脱毛当日が来るのを楽しみにしていたのに、自分の不注意で施術を受けられなくなったらショックですよね。

当日に施術を受けられない場合、サロン・クリニックによっては一回分消化したことになるところもあります。それだけは避けたいですよね・・・。

今回は、脱毛前日・当日・施術後の注意点や過ごし方についてお話しします。その注意点を守り、当日に施術を受けられないといったことがないようにしましょう。また、前日・当日・施術後の過ごし方を工夫することは、脱毛効果を高めるために非常に大切です。

脱毛前日の過ごし方と注意点

注意点その1 必ずシェービングをしよう

前日の夜までに脱毛する部位のムダ毛の処理を行いましょう。その際は電気シェーバーを使い肌にダメージを与えないように気をつけてください。

普段、ムダ毛の処理にカミソリを使われている方も多いと思いますが、カミソリは肌の角質を削り取り、お肌にダメージを与えます。脱毛前日はカミソリを使わないようにしましょう。実際に脱毛サロン・クリニックで電気シェーバーを使うように言われることもあります。

毛抜きや脱毛テープを使った「毛根ごと毛を引き抜く」ムダ毛処理は絶対にNGです。光やレーザーは毛根に対してダメージを与えることで脱毛を行います。そのダメージを与える相手である「毛根」がなければ、光やレーザーを当ててもほとんど意味がありません。

光・レーザーは黒い色素に反応します。もし、ムダ毛が残っていたら、その伸びたムダ毛に反応し、効果が分散してしまいます。また、ムダ毛が熱せられることで、やけどを起こしてしまう可能性も高まります。また、ムダ毛処理を行わずに脱毛サロン・クリニックに行った場合以下の扱いになる場合があります。

  • シェービング代を取られる。
  • シェービングをしてもらう時間の分、施術時間が短くなる。
  • 処理忘れ、処理漏れ部位を避けて光・レーザーを照射する。
  • 施術自体を断られる。

背中やOラインなど、自分で処理しにくい部位は脱毛サロン・クリニックで処理してくれます。出来る範囲で処理しましょう。

シェービングをする時は、傷を作らないように注意してください。施術を行う際は、お肌の傷や剃り残し、炎症がある部分を避けて光・レーザーを照射することになります。ムダ毛処理はゆっくりと落ち着いて、丁寧に行いましょう。

脱毛期間中の、ムダ毛処理は電気シェーバーで行うようにしましょうね♪

注意点その2 飲酒をしない

脱毛前に飲酒をした場合、以下のような影響が出る可能性があります。

  • 施術中に気分が悪くなってしまう。
  • お肌が過剰に反応して、熱くなったりかゆくなったりする。

酔った状態で施術を受けた場合、気持ち悪くなってしまう可能性があります。もし吐いてしまったりしたら、脱毛サロン・クリニックの方にも迷惑がかかってしまいます。

また、脱毛する個室は狭いので、お酒臭い状態で施術を受けるのはマナーとしてもNGとなります。

注意点その3 日焼けをしない

日焼けをすると、お肌の表面にメラニンという黒い色素が作られます。脱毛に使用する光・レーザーは、このメラニン色素に反応するので、やけどの原因となります。これは避けなければいけません。

  • 日焼けをしている。
  • お肌が乾燥している。
  • ニキビ・吹き出物などがある。

上に挙げた3つの状態に当てはまる場合に脱毛を行うと、やけどや色素沈着などのリスクが上がります。そのため、その部分については施術を受けられないと脱毛サロン・クリニックで判断される場合があります。

この3つの肌トラブルの中で、施術を断られる原因No.1なのが、「日焼け」です。

前日に限らず、脱毛期間中は日焼けをしないようにしましょう。夏は薄着になりますし、日差しも強いため、特に気をつけないといけません。また、日差しが弱く厚着になる春、秋、冬も紫外線対策もしっかりと行うようにしましょう。

脱毛当日の過ごし方と注意点

注意点その1 飲酒や服薬を避ける

お酒を飲んで体にアルコールがまわると、血行が良くなります。そうなるとお肌は熱やかゆみを感じやすく、火照った状態になります。

脱毛時も光・レーザーの影響でお肌に熱がこもりやすくなります。飲酒をしていると、いつも以上に熱く感じたり、激しいかゆみに繋がることもあります。かゆいからと掻いてしまったら、お肌に大ダメージを与えてしまいます。

二日酔いだと施術中に気分が悪くなってしまう可能性があります。また、お酒の匂いがする状態で脱毛サロン・クリニックに行くのはマナー違反ですよね。落ち着いて快適に施術を受けられるように、飲酒について気を配るようにしましょう。

毎日飲酒をしている方だとお酒を飲まないのは辛いかもしれませんが、脱毛に行くのは数ヶ月に1回です。「脱毛前日の夜・当日だけ」と強い意志で飲酒を我慢するようにしましょう。

また、薬の服用についてはかかりつけの医師に相談しましょう。特に、痛み止めの薬を服用している場合、脱毛サロン・クリニック側から施術を断られることが多いようです。もし施術中にトラブルが発生した場合、薬が原因で気付けない・・・、といったこともあるそうです。

どうしても薬を飲まなければいけない場合は、かかりつけの医師にまずは相談しましょう。許可をもらった後に、念のため脱毛サロン・クリニックのスタッフに伝え、施術を受けるようにしましょう。

注意点その2 服装を工夫をしよう

全身脱毛の予約を取ったら、当日にどんな服装をして行くか事前に考えておくようにしましょう。

脱毛サロン・クリニックの中には一人当たりに取れる時間が決まっている場合がありますので、着替えやすい服装で行く事をオススメします。

施術前後の移動中に、日焼けを避ける対策をしましょう。お肌の露出が少ない服装で脱毛サロン・クリニックに行く事をオススメします。紫外線を浴びてお肌にダメージを与えることは避けましょう。

例えば、タンクトップを着るなら、薄手のカーディガンを羽織るなど、紫外線を浴びないようにしましょう。また、脚の方もミニスカートなどは避けて、ロングスカートにしておいた方が、お肌の露出面積が小さくなります。

お肌の露出が少なくなるように工夫する事が大切です。

服装について詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ(^^♪
>> 脱毛サロンに行くときの服装はコレ!

注意点その3 化粧はして行ってもOK

自宅や職場から脱毛サロン・クリニックに行く事を考えると、すっぴんで移動するのは抵抗がある方もいらっしゃいますよね。顔の施術を行う場合、化粧はして行ってもいいのでしょうか?

基本的に化粧をしていくことはOKです。しかし、顔脱毛の施術前には、化粧を落とす必要があります。その際ですが、クレンジング剤が備え付けられているので、専用のメイクルームで落としましょう。

また、施術後の化粧もOKです。ただし、施術後にしっかりと保湿して肌を落ち着かせてから、軽めの化粧に留めるようにしましょう。

化粧をして行ってもOKですし、帰る際も化粧ができます。そのため、すっぴんで移動するということは気にしなくても大丈夫でしょう。

脱毛時の化粧について詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ(*’ω’*)
>> 化粧をしたまま脱毛サロンに行っても大丈夫!その理由を解説

注意点その4 お肌につけるものは最小限にしよう

施術後のお肌は、光・レーザーによってダメージを受けている状態です。

できれば、何もつけずにまっすぐ帰宅することが理想的です。

しかし、すっぴんで移動することに抵抗がある方も多いかもしれません。また、脱毛後に用事で化粧をしなければいけない方もいらっしゃると思います。お化粧は「注意点その3 化粧はして行ってもOK」に書いた通りなので安心してくださいね♪

ただし、制汗剤や虫よけスプレーなどはNGとしている脱毛サロン・クリニックが多いようです。

注意点その5 激しい運動はしない

当日ですが、激しい運動は控えましょう。

運動することで、血行が良くなって体温が上昇します。そうなると、赤みやかゆみなどが発生し、ひどくなると炎症を起こしてしまう場合があります。また、汗をかくと、雑菌が繁殖しやすくなります。脱毛後はお肌がとてもデリケートな状態です。開いた毛穴に雑菌が入り込んだら、肌トラブルに繋がります。

個人的な話ですが、脱毛終了後の解放感から、ついついショッピングなどに寄ってしまい、歩き回っているうちに汗が・・・(苦笑)

しかし、脱毛が終わったらなるべく早く帰宅しクーリングや保湿を行い、リラックスして過ごすようにしましょう。

脱毛施術後の注意点

注意点その1 当日の夜はシャワーのみがオススメ

施術を受けた部位には、熱がこもっています。この熱が赤みやかゆみを発生させる可能性があります。

この状態で湯船に浸かり身体が温まると、赤みやかゆみが増してしまいます。

また、湯船には雑菌がたくさんいます。その雑菌が毛穴に入れば、抵抗力の落ちた肌や毛穴が炎症を起こしてしまうこともあります。

どうしても脱毛当日に身体の汚れを落としたい場合は、短時間のシャワーで済ませるようにしましょう。

ここまでにお話しした、熱や雑菌によるお肌のトラブルを防ぐために、脱毛当日に湯船に浸かることは、オススメできません。

脱毛後の入浴について詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ(/・ω・)/
>> 脱毛後、入浴OKかお答えします

注意点その2 日焼けなどを避けて、保湿をしよう

脱毛後はお肌がダメージを受け、刺激に弱くなっています。そのような状態で日焼けをすると、さらにお肌にダメージを与えることになってしまうため対策が必要です。

外出する際は、長袖の衣服等で日焼けしないように工夫しましょう。また、敏感肌用のお肌に優しい日焼け止めを使う方法も有効です。

そして、いつもより念入りに保湿するようにしましょう。保湿する場合の注意点ですが、いつも使っている化粧水よりも、低刺激・敏感肌用の物を使うことをオススメします。

日焼けなどによる肌荒れ、対処法について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ(‘ω’)
>> 脱毛後に肌荒れが起こった場合は?対処法についてお答えします

知らないと危険・・・脱毛に関する10の注意点 まとめ

10の脱毛に関する注意点についてお話ししました。してはいけないことがたくさんありますよね。

しかしこれらの注意点を心がけると、肌トラブルになる可能性が下がり、より良い脱毛効果が得られます。

大きく3つに分けることができます。

  • 血行が良くなることをしない。
  • 毛抜きなど、毛根ごと抜き去るムダ毛処理をしない。
  • お肌の刺激になることをしない。

この注意点を守るようにしましょう。

その他、不明なことがある場合は、脱毛サロン・クリニックのスタッフに相談しましょう。

今回お話しした注意点を守れば、安全に脱毛を行うことができます。安心して綺麗なお肌を手に入れましょうね(*´▽`*)


部分脱毛なら、業界最大手のミュゼがオススメ♪
>> 美容脱毛サロン ミュゼプラチナム


永久脱毛するなら、関東圏に12院開院しているアリシアクリニックがオススメ♪
>> アリシアクリニックの公式サイト&カウンセリング予約はこちらからどうぞ♪