脱毛後の肌荒れ、原因と対策について知っておこう

脱毛後に肌荒れが起こった場合は?対処法についてお答えします

脱毛後のケアはしっかりできていますか?しっかりケアが出来ていないと肌荒れなど、トラブルの原因になってしまうかもしれません。

脱毛後に、以下のような症状が出たことがある方もいらしゃるのではないでしょうか。

  • 脱毛後の肌が赤い・・・。
  • なんだか肌がかゆい。

かゆいからといって掻いてしまうと、お肌はさらに赤くなりかゆみも増します。そうなると、お肌はダメージを受けて、ひどい肌荒れを起こしてしまいます。このような肌トラブルを防ぐためにも、脱毛後のケアは重要です。

どうして脱毛をするとお肌に赤みやかゆみが出るのでしょうか。そして、この赤みやかゆみを解消する方法はあるのでしょうか。

今回は正しい脱毛後のケアと、肌荒れ防止策についてお話しします。最後までお付き合いいただけると幸いです♪

脱毛後に肌荒れが起こった場合は?対処法についてお答えします

脱毛後に肌荒れする理由

光・レーザー脱毛は、熱で毛根にダメージを与えて脱毛する方法です。そのため、脱毛後の毛穴はやけどをしている状態になります。

お肌が赤くなるのは、毛穴のやけどに伴う腫れが、毛穴周辺のお肌表面にまで出てしまうからです。

光・レーザー脱毛は、毛が太く毛穴が広い人ほど反応する部分が多いので、赤みが出やすい傾向にあります。

日焼けをするとお肌が赤くなりやすい方は、体質的に脱毛時、お肌に赤みが出ることが多いようです。

赤みが出たら軽いやけど・肌荒れのサイン

やけどは、お肌が炎症を起こしている状態です。この炎症に対する反応がひどくなると、かゆみという形で現れます。

かゆみの症状は、体質によって出やすい方と出にくい方がいらっしゃるため、必ず発生するというわけではありません。

また、体調によって左右されやすいという特徴があるので、肌荒れを起こしやすい、風邪や生理前・生理中などは脱毛を避けた方が良いでしょう。

脱毛後の肌荒れは何日で治まるの?

どのくらいで赤みやかゆみが引くのかというと、個人差があります。大体は2~3日でひいてくるようですが、人によっては1週間以上続く場合もあります。

炎症が治まらない間は、どうしても赤みやかゆみが残ってしまいます。

この脱毛時のやけどによる赤みやかゆみは、ほとんどが一時的なもののようです。一生赤いままだったり、かゆみが続いたりするということはないでしょう。

脱毛後の肌荒れを少しでも早く解消するために

一時的なものだと言われても、赤みやかゆみに耐えるのは苦痛ですよね。

「できるだけ早く治したい・・・」、そのような時は次に挙げることを意識してお肌をケアしてみてください。

  • お酒を飲まないようにする。
  • 肌荒れした部位を冷やすことを心がける。
  • 入浴を控える。
  • 日焼けしないようにする。
  • 保湿をする。

肌荒れを少しでも早く解消するために、以上のことを守りましょう。

肌荒れを防ぐために、飲酒は避けよう

アルコールには血行を良くして、身体を温める効果があります。これは、やけど状態である脱毛後のお肌には大敵となります。

血行が良くなって体が温まってしまうと赤みはなかなか引きませんし、かゆみもひどくなってしまいます。

血行が良すぎる状態で脱毛をすると、冷却しきれなくなるため、赤みが発生する可能性が高くなります。脱毛前日の飲酒もできる限り避けるようにしましょう。

水で濡らしたタオルで肌荒れした部位を冷やす

赤みやかゆみは軽度のやけど状態ですので、まずはしっかりと冷やすようにしましょう。

オススメの冷やし方は、赤みやかゆみが出ている部位に水で濡らしたタオルを当てることです。この時に注意していただきたいのは、冷却剤や凍った保冷剤など極端に冷たいものを当てないことです。

冷た過ぎることが逆にお肌への刺激になってしまい、お肌の状態が悪化してしまう可能性があります。さらにひどい場合は肌荒れ、凍傷・低温やけどになってしまうこともあるので、極端に冷たい物をお肌に直接当てるのはやめておいた方がいいでしょう。

肌荒れしている期間は入浴を避ける

やけどで炎症が起きている部分には、熱がこもっています。この熱が赤みやかゆみを発生させています。

そんな時にお風呂に入ってさらに身体が温まってしまうと、赤みやかゆみが増してしまいます。

炎症が起きている毛穴は、ダメージを受けて免疫力が低下している状態です。お風呂のお湯には見えない雑菌がたくさんいます。それが毛穴に入ると、抵抗できずに更なる炎症を引き起こしてしまうこともあります。

脱毛時には服を脱ぎますし、冷却ジェルを身体に塗られる場合もあります。施術が終わって家に帰ったら、冷えた身体を湯船でゆっくり温めたい、日頃の疲れをほぐしたい等と思われる方も多いと思います。特に、冬場は湯船が恋しくなりますよね(笑)

しかし、脱毛当日の入浴はオススメできません。また、赤みやかゆみがひくまでの数日間は長時間の入浴はやめておきましょう。

どうしても脱毛当日に身体の汚れを落としたい場合は、短時間のシャワーで済ませるようにしてください。その時に、いつもよりお湯の温度を低めに設定すれば赤みやかゆみも起こりにくくなります。

日焼けはお肌の大敵!肌荒れの原因にも・・・

日焼けは、実は一種のやけど状態です。やけどしたお肌に、さらにダメージを与えるようなことになってしまうと、蓄積したダメージの回復が遅れてしまいます。

できるだけ長袖の衣服等で日焼けをしないように気をつけましょう。

日焼け止めなどのクリームを使うこともお肌に刺激を与えてしまうため、オススメできません。しかし、どうしても日焼けしてしまいそうな時は、敏感肌用など、お肌に優しい物を使うようにしましょう。そうすれば、肌荒れも起こりにくくなります。

脱毛した部位を集中的に保湿ケアして肌荒れ防止!

やけどまでしていなくても、脱毛直後のお肌は、光と熱により刺激を受けて乾燥した状態になっています。

炎症を治す際、お肌が乾燥したままだと治りが遅くなってしまいます。脱毛した部位は、いつもより念入りに保湿するようにしましょう。

この保湿をきちんと行うかどうかで、赤みやかゆみの解消だけでなく、脱毛後のお肌が美しい状態になるかどうかまで決まります。せっかく脱毛するのだから、綺麗なお肌を目指したいですよね♪

保湿する場合の注意点ですが、脱毛直後のお肌は肌荒れに近い状態なので、いつも使っている化粧水よりも低刺激・敏感肌用の物を使うことをオススメします。

脱毛後の肌荒れと解消法 まとめ

突然赤みやかゆみが出たら、多くの方がびっくりされると思います。もしかしたら、脱毛する時に失敗したのかな・・・、と不安になるかもしれません。しかし、ほとんどの場合、赤みやかゆみは一時的なものです。

まずは慌てずに、しっかりとクーリング・保湿をしましょう。そうすれば、数日で綺麗なお肌に戻ります。

しかし、これを怠って放置してしまうと、いつまでも赤みやかゆみが残ってしまいます。また、かゆいからといって掻いてしまうと肌荒れにも繋がります。

脱毛は施術だけを受けていればお肌が綺麗になる、というわけではありません。アフターケアも忘れずにしっかり行って、綺麗なお肌を手に入れましょうね♪


全国に180店舗以上!通いやすい脱毛サロンはミュゼプラチナム☆
>> 美容脱毛サロン ミュゼプラチナム


銀座、名古屋で永久脱毛をするなら、ブランクリニックがオススメ☆
>> ブランクリニックの公式サイト&カウンセリング予約はこちらからどうぞ♪