毛抜きでの脱毛はNG… 気になるその理由とは?

 
ムダ毛の自己処理には、様々な方法があります。
その中でも毛抜きでの脱毛は、手軽で費用がほとんどかからないので、ムダ毛処理の方法としてよく行われているのではないでしょうか。

毛抜きは持ち運びも簡単で、気になったらどこでもムダ毛処理ができます。
毛抜きを持ち歩いている女性は多いのではないでしょうか。
実際、私も学生時代はペンケースの中に入れていました。

毛抜きはとても便利なムダ毛処理グッズに思えますが、毛抜きでの脱毛にはとんでもないリスクや、多くのデメリットがあります。

今回は、意外と知られていない毛抜きでの脱毛、特にデメリットについてお話ししたいと思います。

 

毛抜きで脱毛するときに起きていること

毛抜きで脱毛するときに起きていること

 
毛抜きを使って脱毛をすると、お肌にはどのような事が起こるのでしょうか。
実は、無理やり毛を抜く事で、毛穴や皮膚が傷ついているんです。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎とは、ムダ毛の自己処理をして傷ついた毛穴から細菌が入り、ニキビのようなブツブツができてしまう病気です。

これは、ムダ毛の自己処理をした場所に起こりやすい炎症です。
下手にいじると、毛嚢炎はニキビと同じように跡が残ってしまい、黒ずみにの原因となります。

埋没毛(埋もれ毛)

皮膚を怪我した時に出血すると、かさぶたができますよね。
出血するまでの傷でなかったとしても、皮膚が傷を負った時は、その皮膚を再生させるために薄い膜が張られます。

皮膚がかさぶたを作るように、毛穴もダメージを受けると薄い膜を張ります。
毛穴に薄い膜が張られてしまうと、表面の皮膚が塞がってしまい、次に生えてくる毛が皮膚の上に出てこれなくなります。

薄い膜の下に丸まった毛があったり、毛穴が黒くプツプツしたりするのが、埋没毛の症状です。

最悪の場合、塞がった毛穴の下で細菌感染を起こしてしまい、「毛嚢炎」に繋がる可能性も出てしまいます。

ムダ毛の量が増える

毛穴が傷つくいうことは、皮膚はそれを外的なダメージだと捉えてしまい、以前より毛が太くなったり、同じ毛穴から2本以上の毛が生えてきたりします。

毛抜きで脱毛してムダ毛を減らすつもりが、逆に、ムダ毛を太く、量も増やし、目立たせるような結果に繋がってしまいます。

シミや色素沈着

傷ついた皮膚が紫外線を浴びてしまうと、色素沈着の原因となります。

綺麗になるために脱毛しているのに、シミなどができてしまったら全く意味のない話になってしまいますね。

このように、毛抜きでの脱毛は様々な肌トラブルに繋がります。

それでも毛抜きで脱毛したい場合

それでも毛抜きで脱毛したい場合

 
毛抜きでムダ毛処理をすると、色々なトラブルが起こる可能性がある事が分かりました。

それでも手軽にどこでも簡単に処理できる毛抜きは、なかなか手放しにくいですよね。
危険があるからと言って、気になるムダ毛をそのままにしておくと、精神的によくありません。

正しく毛抜きを使えば、肌トラブルが起こる可能性は低くなります。

ここで、肌トラブルを起こさない毛抜きの使い方を紹介させていただきます。

毛抜きを使う部位を温める

毛抜きでの脱毛は手軽ですが、皮膚が汚れてすぐに洗うことができない外出先でのムダ毛処理はおすすめできません。

  • 衛生的である。
  • 肌が温まっている。
  • 皮膚が柔らかく伸びている。
  • 毛穴が開いている。

これらの条件を満たす、入浴時・入浴後などに毛抜きを使うようにしてください。

暑い季節など、湯船に浸からない時は、清潔な蒸しタオルなどでムダ毛処理する部位を温めてから脱毛するのが良いでしょう。

無理やり抜かない

まだ皮膚の上に出ているか出ていないか、という状態のムダ毛もありますよね。
そのムダ毛を皮膚を引っ張りながら、無理やり毛抜きを強く当てて抜いたことはありませんか?

皮膚を引っ張ったり毛抜きを強く肌に押し当てると、それだけで皮膚が傷つく可能性が高まります。

さらに、お肌が傷つくと炎症、色素沈着、埋没毛などの原因となってしまいます。

毛並みに逆らわない

ムダ毛は、生えている方向に沿って抜きましょう。

毛並みに沿って抜かないと、皮膚や毛穴を傷つけてしまう恐れがあります。

傷ついた毛穴は、変形してしまい埋没毛になる可能性が高まります。

毛抜きを使った脱毛後は肌のお手入れをしっかり行う

毛抜きを使ってムダ毛処理した後のお肌は、しっかり冷やして炎症やかゆみを抑えるようにしましょう。

正しく毛抜きを使ってムダ毛処理したとはいえ、脱毛した後の肌や毛穴がダメージを受けていないという事はありません。

炎症は放置すると様々なトラブルに発展します。

すぐにムダ毛処理した部位を清潔にし、冷やして炎症を抑えることで、リスクを最小限に抑えることができます。

毛抜きでの脱毛後、数日間は清潔に保ち保湿ケアを怠らない

雑菌が毛穴に入らないように、毛抜きで脱毛した部位を清潔に保つことも大切です。
脱毛後、よく冷ました後は、普段以上の保湿ケアが必要です。

もし、保湿を怠ると、お肌は乾燥してしまうだけでなく、ターンオーバーが狂って古い角質が溜まってしまいます。

また、色素沈着やシミ・くすみの原因ともなります。

保湿の方法ですが、保湿成分や鎮静作用のある美容液を使用することもおすすめです。

毛抜きでムダ毛処理した後だけこれらのことを守ったとしても、傷や炎症は簡単には治まりません。

せめて数日間は常に清潔な状態を保ち、保湿ケアを心がけるようにしましょう。

以上のことを守る事で、毛抜きによるムダ毛処理のリスクを大幅に減らすことができます。

脱毛サロン・クリニックでの施術中の毛抜きの使用は絶対NG

脱毛サロン・クリニックでの施術中の毛抜きの使用は絶対NG

 
毛抜きでの正しいムダ毛処理の方法を紹介しましたが、脱毛サロン・クリニックで脱毛を受けている間は、毛抜きでの脱毛は絶対にやってはいけません。

光・レーザー脱毛は、ムダ毛を作る細胞にダメージを与える脱毛方法です。

毛抜きで毛を抜いてしまうと、光・レーザー脱毛の効果が無くなる恐れがあります。

そして、毛穴にダメージを与えるだけでなく、毛周期を狂わせてしまう可能性もあります。

脱毛サロン・クリニックに通っている最中のムダ毛処理は、電気シェーバーなどお肌へのダメージが少ない方法を選択してください。

毛抜きによる脱毛 まとめ

毛抜きによる脱毛 まとめ

 
ここまで毛抜きによる脱毛について、以下のお話しをしてきました。

  • 毛抜きを使った脱毛のデメリット
  • 毛抜きの正しい使い方
  • 脱毛期間中は毛抜きによる脱毛は絶対NG

ここで毛抜きでの脱毛についてまとめたいと思います。

毛抜きでの脱毛で使用するのは「毛抜き」、これだけです。
今までは、特に意識することなく毛抜きによる自己処理をされていたかもしれません。

ムダ毛を毛根から抜いてしまえば、しばらくは生えてこないため、カミソリに比べるとムダ毛処理の頻度は少なくて済みます。

しかし、毛抜きによる脱毛は、デメリットが大きいムダ毛処理の方法です。

毛抜きによる自己処理を繰り返していると、毛穴がどんどん汚くなっていきます。
そして、一度汚くなってしまった毛穴や肌は元に戻しにくくなります。

脱毛直後は毛穴の周りが赤く腫れ、綺麗な状態にはなりません。
そしてその期間は数日の間続きます。

毛抜きで脱毛した後、きちんとアフターケアをし数日経てば、肌の状態も落ち着き一見美しい仕上がりになります。
しかし、お肌はダメージを受けています。

実は、毛抜きによる脱毛は、最もおすすめできないムダ毛処理方法の一つです。
どうしてもという事情がある時のみ、毛抜きで脱毛するようにしたいですね。

毛抜きでの効果は一時的なものでしかないので、ムダ毛処理から解放されたいなら脱毛サロンや医療脱毛を検討するのがいいでしょう。

ムダ毛の自己処理を続けていくなら、電気シェーバーが最も肌に優しいためおすすめです。