脱毛の意味とは?それって本当に脱毛なの?脱毛・除毛方法を徹底調査!

 

「ムダ毛」の悩みを抱えている女性は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

よし、脱毛をしよう!」と思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、この「脱毛」とは、一体何を意味するのでしょうか?

今回は様々な脱毛方法と、その「意味」「特徴」をご紹介します。

この記事を読めば、「脱毛」の本当の意味がわかります。
また、自身にあった「脱毛方法」を見つけることもできます。

 

脱毛の本当の意味とは?

脱毛の本当の意味とは?

 
「脱毛」の意味はどのようになっているのでしょうか。

フリー百科事典の「Wikipedia」で脱毛の意味を調べました。

脱毛(だつもう)とは、体毛を意図的に除去することであり、美容あるいは身だしなみの観点から行われる。ワックス脱毛、ニードル脱毛(針脱毛)、レーザー脱毛、脱毛機など各種の方法がある。

かつては女性による脱毛が主流であったが、近年は男性が行うことも少なくない。

脱毛の意味は大まかに言うと「体毛を意図的に除去すること」です。

次のものは「脱毛」に分類されます。

※リンククリックorタップでそれぞれの脱毛方法にスクロールします。

最近では「脱毛」という言葉を使うと、いろいろな意味に解釈されます。

この大きく分けて6種類の脱毛について、「意味」「特徴」をご紹介します。

1.光脱毛の「意味」「特徴」

1.光脱毛の「意味」「特徴」

 
光脱毛とは、主に脱毛サロンで受けられます。

黒い色素に反応する「光」を照射し、「毛乳頭」「毛母細胞」にダメージを与えることで脱毛を進めていきます。

光脱毛の目的はムダ毛を「細く」「弱く」「生えにくく」すること。

光脱毛で毛根を破壊することは許されておらず、脱毛効果は緩やかに現れます。

光脱毛は、12~18回の施術、期間にして2~3年で脱毛が完了します。

脱毛サロンに興味のある方はこちらの記事をどうぞ!

2.医療脱毛の「意味」「特徴」

2.医療脱毛の「意味」「特徴」

 
医療脱毛は「医療レーザー脱毛」とも呼ばれます。
また、「医療脱毛」「医療レーザー脱毛」は「永久脱毛」であると言われます。

医療脱毛の仕組みは「光脱毛」と似ています。
黒い色素に反応する「レーザー」を照射し、毛根を破壊することで脱毛を行います。

医療機関でのみ行える「医療レーザー脱毛」は、光脱毛よりも脱毛効果が高いという特徴を持ちます。

医療脱毛は、5~8回の施術、期間にして1~2年で脱毛が完了します。

医療脱毛に興味のある方はこちらの記事をどうぞ!

3.ニードル脱毛の「意味」「特徴」

3.ニードル脱毛の「意味」「特徴」

 
ニードル脱毛では、毛穴ひとつひとつに電極を差し込み、微弱な電流を流すことで「毛乳頭」「毛母細胞」を破壊し脱毛を行います。

「毛乳頭」「毛母細胞」の破壊は、医療行為にあたるため、ニードル脱毛は医療機関でのみ受けられます。

また、「脱毛」の意味には様々なものがありますが、「アメリカ食品医薬品局(FDA)」が「永久脱毛」と認めたのは、この「ニードル脱毛」だけです。

ニードル脱毛の効果は、即座に現れ、処理をした毛は基本的に復活することはありません。

また、「産毛」「白い毛」にも高い効果を発揮し、「日焼け肌」「シミ」「ホクロ」など色素が濃くなっている部分のムダ毛も脱毛可能です。

脱毛効果が高く良さそうなニードル脱毛ですが、次のようなデメリットもあります。

  • 毛穴に電極を差し込むため、強い痛みを伴う
  • ムダ毛を1本ずつ処理するため、時間がかかる
  • 「時間」「本数」で料金が決まり、高額になることが多い

ニードル脱毛は歴史のある脱毛方法ですが、デメリットも多いため、現在は「光脱毛」や「医療脱毛」が主流となっています。

4.ワックス脱毛の「意味」「特徴」

ワックス脱毛は、アンダーヘアの処理を目的とした「ブラジリアンワックス脱毛」と呼ばれることもあります。

ワックス脱毛は、脱毛サロンで受けることもできますし、市販の「脱毛ワックス」を使い自分で脱毛をすることもできます。

ワックス脱毛は次のように行われます。

  1. 脱毛ワックスを脱毛したい部位に塗る
  2. ワックスを塗った上からシートを貼る
  3. シートを一気に剥がす

ワックス脱毛は、シートを剥がすことでムダ毛を一気に引き抜きます。
そのため、「痛みを伴う」「肌にダメージを与える」というデメリットがあります。

また、一度引き抜いたムダ毛はしばらく生えてきませんが、毛の元になる細胞や組織(毛母細胞・毛乳頭)にダメージを与えることはできません。
抜いたムダ毛はほとんどの場合復活するので、永続的な脱毛を考えているなら意味はないのかもしれません。

そのため、現在は「光脱毛」「医療脱毛」を選ぶ方が増えています。

ワックス脱毛に興味のある方はこちらの記事をどうぞ!

5.家庭用脱毛器の「意味」「特徴」

 
家庭用光脱毛器は、「家庭で光脱毛を行えるように」開発されたものです。
脱毛サロンの光脱毛機より出力を抑え、家庭で使えるようにしたものです。

日本で一番売れている家庭用光脱毛器は「ケノン」です。

家庭用光脱毛器のメリットは「手軽に脱毛できる」「いつでも脱毛できる」「一度購入すれば追加コストがほとんどかからない」ところです。

一方、デメリットには「手が届く範囲しか脱毛できない」「サロンより脱毛効果が劣る」というものがあります。

「ワキ」「アンダーヘア」「男性のヒゲ」などは、「脱毛サロンの光脱毛」「医療脱毛」でも回数のかかる部位。
家庭用脱毛器で回数のかかる部位を脱毛することはほとんど意味がなく、満足のいく脱毛効果は得られないでしょう。

本格的に脱毛をするなら、「脱毛サロン」「医療脱毛」を選択されることをおすすめします。

ケノンに興味のある方はこちらの記事をどうぞ!

6.「毛抜きによる脱毛」の「意味」「特徴」

6.「毛抜きによる脱毛」の「意味」「特徴」

 
毛抜きによる脱毛は、よく行われているムダ毛処理の方法ではないでしょうか。

気になる部分のムダ毛を毛抜きでつかみ、引き抜くだけととても簡単です。
また、必要なものも「毛抜き」だけなので、金銭的コストもほとんどかかりません。

「毛抜きによる脱毛は意味があるのか?」という部分ですが、実はほとんど意味はありません。

毛抜きで毛を引き抜くことで一時的にムダ毛はなくなります。
しかし、「毛乳頭」「毛母細胞」が残っている限り、ムダ毛は復活します。

また、毛抜きで「毛乳頭」「毛母細胞」を処理することはできません。

さらに、毛抜きでの脱毛にはデメリットも多くあります。

  • 痛みを伴う
  • 広範囲を脱毛する場合、かなり手間がかかる
  • 手が届かない範囲は脱毛できない
  • 毛穴から雑菌が入り「毛嚢炎(もうのうえん)」を起こす
  • 埋没毛(まいぼつもう)の原因となる
  • 「赤み」「炎症」などの色素沈着の原因となる

実はこのデメリットは「毛抜き」だけに限った話ではありません。
毛を引き抜くタイプの脱毛全てに当てはまることです。

  • 電動脱毛器(引き抜くタイプ)
  • 脱毛ワックス(自分でやる場合)
  • 脱毛テープ
  • 脱毛シート

毛抜きなどの引き抜くタイプの脱毛は、デメリットが多く最もおすすめできないムダ毛処理の方法です。

脱毛以外のムダ毛処理「除毛」の「意味」「特徴」

脱毛以外のムダ毛処理「除毛」の「意味」「特徴」

 
除毛とは、肌の表面に出ている部分のムダ毛を「取り除く」ことを意味します。

除毛方法には次のものがあります。

  • カミソリ
  • 電気シェーバー
  • 脱毛・除毛クリーム
  • 脱毛・除毛スプレー
  • 脱毛・除毛石鹸

「カミソリ」「電気シェーバー」による除毛

カミソリによる除毛は、肌の上に出ている毛を剃ることでムダ毛を処理します。

カミソリによる除毛は最も行われているムダ毛処理の方法です。

カミソリは「手軽」「コストがかからない」というメリットがありますが、その反面次のデメリットもあります。

  • ムダ毛を剃る時に角質も削り取り、肌にダメージを与える
  • カミソリ負けを起こすことがある
  • 毛の断面が平らになり「チクチクする」「毛穴が目立つ」
  • 定期的に買い換える必要がある
  • 手の届かない部位は除毛できない

カミソリでの除毛は角質も削り取ってしまい、肌トラブルの原因となることがあります。
肌の強い方は問題はないのかもしれませんが、敏感肌の方はカミソリ負けを起こしてしまうこともあります。

一度肌トラブルを起こすと、その自己処理をやめない限り、症状は続き慢性化します。
お肌をきれいにするはずが、肌荒れが目立つようになってしまったら意味がないですよね。

カミソリでの肌トラブルに悩んでいる方、お肌に優しい除毛方法を探されている方には「電気シェーバー」をおすすめします。

電気シェーバーは、カミソリよりも深く剃ることはできませんが、その分肌に与えるダメージも少なくなります。

「脱毛・除毛クリーム」「脱毛・除毛スプレー」による除毛

「脱毛・除毛クリーム」「脱毛・除毛スプレー」は、ムダ毛を薬品で溶かすことで除毛を行います。

「商品名」や「口コミ」で「脱毛」と書かれていても、「脱毛効果」はありません。

除毛後は毛先が丸くなり、カミソリよりもナチュラルな仕上がりになります。

「脱毛・除毛クリーム」「脱毛・除毛スプレー」のデメリットは、カミソリによる除毛よりもコストがかかることです。

除毛クリームの場合は200gで、700~3,500円程度かかり、除毛を続ける限り買い続ける必要があります。

生涯に渡ってのムダ毛処理を考えた場合、「脱毛・除毛クリーム」「脱毛・除毛スプレー」の金銭的・時間的コストは、「脱毛サロンの光脱毛」「医療脱毛」を上回ります。

コスト重視の方は、「脱毛サロンの光脱毛」「医療脱毛」を選ぶほうが意味のある買い物ができると思います。

脱毛・除毛クリームに興味のある方はこちらの記事をどうぞ!

「脱毛・除毛石鹸」による除毛

「脱毛・除毛石鹸」による除毛も「入浴時に石鹸で体を洗うだけ」ととても手軽なため、人気を集めています。

また、「脱毛・除毛石鹸」には「抑毛効果」がある商品もあります。

しかし、「脱毛・除毛石鹸」も「脱毛効果」はありません。

体を石鹸で洗うだけと手軽な半面、短い間隔で使うと肌にダメージを与えてしまいます。

また、ムダ毛の生えていない部分を「脱毛・除毛石鹸」で洗うこともおすすめはできません。

除毛効果は「脱毛・除毛クリーム」「脱毛・除毛スプレー」に劣り、コストもかかるというデメリットがあります。

脱毛の意味は「人」と「場面」によって違う

脱毛の意味は「人」と「場面」によって違う

 
「脱毛」という言葉は幅広く使われており、使う人や場面によってその意味が変わってきます。

例えば、日本の厚生労働省が定める永久脱毛(医療脱毛)の定義は次のようになっています。

一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が、長期間において減少し、その状態が長期間に渡って維持されること。

また、アメリカ食品医薬品局(FDA)の定義では、永久脱毛ができるのは「ニードル脱毛」のみとなっています。

除毛グッズの口コミで「脱毛」という言葉を頻繁に見かけますが、本来の脱毛の意味とは大きく異なります。

現在、日本での「脱毛」は、「脱毛サロンの光脱毛」「ニードル脱毛」「医療脱毛」を意味することが多いようです。

脱毛の意味とは?それって本当に脱毛なの?脱毛・除毛方法を徹底調査!まとめ

脱毛の意味とは?それって本当に脱毛なの?脱毛・除毛方法を徹底調査!まとめ

 
今回の記事では、様々な脱毛方法とその「意味」「特徴」をご紹介しました。

また、併せて除毛方法についてもご紹介しました。

人によって、最適なムダ毛処理の方法は違います。

本当の意味で脱毛をするなら、「脱毛サロン」「クリニック」に通うことを検討する必要があります。

「脱毛サロン」「クリニック」で一度脱毛を完了させると、ムダ毛処理から解放され、自由な時間が増えますし、肌トラブルも改善されるというメリットがあります。

除毛で十分という方には、お肌に優しい「電気シェーバー」がおすすめです。