ほくろ部分は脱毛できるの?取る?そのまま残す?ほくろと脱毛まとめ

 
プロの手による脱毛を考えている方なら「ほくろ部分って脱毛できるのかな?」って気になったことはありませんか?

基本的にほくろがあっても脱毛を受けられます。

しかし、「脱毛方法」「ほくろの大きさ」などの条件により、ほくろ部分の対応は変わってきます。

そんなほくろと脱毛について、今回の記事では次の内容をご紹介します。

この記事でわかること

  • ほくろ部分の脱毛に注意を払わないといけない理由
  • 「光脱毛」「医療脱毛」対応の違い
  • 脱毛でほくろは消えるのか?ほくろと脱毛Q&A
  • ほくろ除去と医療脱毛について

今回の記事を読めば「ほくろ部分をどう脱毛すればいいのか」かがわかります。

また、「ほくろ」をコンプレックスに感じている方には、ほくろの除去について具体的な方法も紹介しています。

 

ほくろ部分の脱毛は可能?

ほくろ部分の脱毛は可能?

 
ほくろがあっても脱毛は受けられます。

しかし、ほくろ部分の脱毛は、「脱毛サロン」「美容クリニック」で異なります。

ほくろ部分の脱毛で注意が必要な理由

「光脱毛」「医療レーザー脱毛」は、毛根の黒い色素に反応する光線を照射し、脱毛を進めます。

ほくろにも「光」「レーザー」は反応するため、保護をしないとやけどの危険性があります。

脱毛が原因でガンになる?

脱毛に使われる「光」「レーザー」は赤外線のため、皮膚がんの原因とはなりません。

皮膚がんの原因となるのは、主に日光に含まれる「紫外線」です。

「脱毛をしたら皮膚がんになりやすい」ということはないので安心してくださいね。

ほくろ部分の脱毛方法

脱毛サロンでは 「ほくろ部分をシールで保護する」「マーカーで印をつけ避けて照射する」のどちらかになります。

医療脱毛の場合は、ほくろの状態によって対応が変わってきます。

薄く小さいほくろの場合

光脱毛では、薄く小さなほくろでも保護をした上で光の照射を行います。

一方、医療脱毛の場合は、保護をせずにそのまま施術を行うこともあります。

その際、やけどをしないように、必要に応じてレーザーの出力を落とします。

濃く大きいほくろの場合

大きいほくろの場合は、「光脱毛」「医療レーザー脱毛」のどちらも保護をした上で施術を行います。

「大きなほくろをコンプレックスに感じている」「ほくろ部分も脱毛したい」方は、美容クリニックでほくろ除去と脱毛を一緒にすると2つの悩みを同時に解決できます。

>> ほくろ除去と医療脱毛を一緒に受けられるクリニックはこちら!
※リンククリックorタップでクリニックの紹介にスクロールします。

ほくろができる理由とは?

ほくろは「メラノサイト」という細胞が「メラニン」を過剰に生成し、体外に排出しきれなくなったときにできます。

メラニンは本来、紫外線からお肌を守るものですが、過剰に生成された場合、「ほくろ」「シミ」の原因となります。

日焼けイメージ

メラニンが過剰に生成される原因は次のとおりです。

生成される原因

  • たくさんの紫外線を浴びた場合
  • ストレスや疲労
  • 生活習慣の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 加齢

ほくろを作らないためには紫外線対策をしっかりし、ストレスをためないことが重要です。

ほくろと脱毛Q&A

ほくろと脱毛Q&A

 

こちらではほくろと脱毛について、よくある疑問をQ&A形式でまとめました。


脱毛でほくろは増える?
「光脱毛」「医療脱毛」でほくろが増えることはありません。

「光脱毛」「医療脱毛」でほくろが「増えた」「濃くなった」と感じる原因は2つあります。

原因

  1. ムダ毛で隠れていた「ほくろ」「シミ」が、ムダ毛がなくなり目立つようになった
  2. 施術で毛穴をやけどし、やけど部分を「ほくろ」「シミ」と思ってしまった

脱毛が進みムダ毛がなくなっていくと、これまであまり気にならなかった「ほくろ」「シミ」が気になりはじめます。
人によっては、「ほくろ」「シミ」が以前より「増えた」「濃くなった」と感じる方もいらっしゃいます。

また、「光脱毛」「医療脱毛」で毛穴がやけどを起こし、その部分が「ほくろ」「シミ」のように見えることがあります。

毛穴のやけどは1~2週間で解消されるため、しばらく様子をみましょう。

いずれにせよ、「光脱毛」「医療脱毛」で「ほくろ」「シミ」が「増える」「濃くなる」ことはありません。


ほくろが消えるって聞いたんですけどほんとですか?
実は脱毛でほくろが消えることがあります。

医療脱毛では、ほくろが薄い場合、そのままレーザーを照射します。
その時にほくろが「薄くなる」「消える」ことがあります。

実は医療脱毛に使われるレーザーは、「シミ」「そばかす」治療のレーザーと同じものです。

ただし、医療脱毛と「シミ」「そばかす」治療を行う際の脱毛機の出力や照射時間は大きく異なります。

「薄くなる」「消える」こともある、ぐらいに思っておいたほうがいいでしょう。


ほくろ部分は「光脱毛」「医療脱毛」どっちがいいの?
医療脱毛をおすすめします。

ほくろの数が少ない部位なら、「シートで保護」「ほくろを避ける」ことで対応する光脱毛でもいいかもしれません。

しかし、ほくろの数が多い部位の脱毛は、医療脱毛の方がおすすめです。

その理由は次のとおりです。

おすすめの理由

  • 小さく薄いほくろの場合、保護せずにそのままレーザーを照射できる
  • 小さく薄いほくろの場合、レーザーの照射で「薄くなる」「消える」場合がある
  • ほくろ部分の脱毛前に、除去手術を受けられる

脱毛したい部位にほくろが多くある場合は、医療脱毛の方がむらなくきれいな仕上がりになります。

ほくろ部分のムダ毛を脱毛する方法は?

ほくろ部分のムダ毛を脱毛する方法は?

 
ほくろから生えているムダ毛を脱毛したい場合、次の2種類の方法があります。

2種類の方法

  1. ほくろ除去と医療脱毛を同時に受ける
  2. ニードル脱毛を受ける

ほくろ除去と医療脱毛を同時に受ける

もし、あなたがほくろをコンプレックスに思っていたり、ないほうがいいと感じている場合、ほくろ除去と医療脱毛を同時に受けることをおすすめします。

具体的にはほくろの除去手術を受けてから、その部分の医療脱毛を受けます。

「ほくろ除去」「医療脱毛」両方の取り扱いがある人気クリニックをご紹介します。

おすすめ医療脱毛クリニック

アリシアクリニック
アリシアクリニック

 

アリシアクリニックは関東圏を中心に17院開院(※)している美容クリニックです。
※2018年7月時点

口コミ満足度が4.43と高く、医療脱毛満足度ランキングでは2位を獲得(※)しています。
※「みんなの評判ランキング」7月時点

アリシアクリニックは、ほくろ除去の料金が安くなっています。

また、医療脱毛のプランについては、「5回」「8回」「脱毛し放題」が用意されています。

この「脱毛し放題」はアリシアクリニックのみ(※)の取り扱いとなっています。
※当サイト調べ(2018年7月時点)

とことん脱毛したい方は、「脱毛し放題」がおすすめです。

興味のある方は、無料のカウンセリングで「ムダ毛」「ほくろ」の悩みや料金の相談をしてみましょう。

アリシアクリニックの料金

治療料金(税抜き)詳細
ほくろ除去
電気焼灼法
5,400~10,800円
  • お肌への負担が少ない
  • 短時間で除去
  • 深く大きいほくろには向いていない
  • 色素沈着が残る場合あり
ほくろ除去
切開法
32,400円
  • 一度でほぼ確実に除去
  • 大きいほくろが除去できる
  • 再発の心配がない
全身脱毛
通常プラン5回
288,750円顔・VIOを除く全身脱毛
全顔脱毛セット5回144,300円顔のみの脱毛プラン

アリシアクリニック切開法Before・After

ほくろ除去切開法

ほくろ除去の詳細

治療内容ほくろ除去(切開法)
部位まゆ部分のほくろ
施術後の通院約1週間後に抜糸が必要
麻酔局所麻酔
料金総額(税抜き)32,400円

ニードル脱毛を受ける

ニードル脱毛は「クリニック」「脱毛サロン」で受けられる脱毛法です。

色素の濃い「ほくろ」「シミ」部分の脱毛もできます。

ニードル脱毛は「本数」「時間」単位で料金を計算するため、高額になったり、痛みが強いというデメリットはあります。

しかし、ほくろ部分のみの脱毛なら、料金は高額にはなりませんし、痛みも少しの間なので、それほど問題にはなりません。

おすすめクリニック・脱毛サロン

エステティックTBC

 

エステティックTBCは全国に157店舗(※)展開しているトータルエステティックサロンです。
店舗数が多いため、通いやすいというメリットがあります。
※2016年3月時点

TBCでは「スーパー脱毛(美容電気脱毛)」と「ライト脱毛(光脱毛)」の取り扱いがあります。

「ほくろ部分はスーパー脱毛」「それ以外の部位はライト脱毛」といった組み合わせもできます。

スーパー脱毛では、脱毛効果は即座に現れ、基本的に処理をしたムダ毛の復活はありません。

ほくろを取るほどではないけど、ほくろ部分のムダ毛は脱毛したい」といった方におすすめの脱毛サロンです。

TBCの口コミデータ

平均口コミ満足度

4.11

口コミ件数

215件

エステティックTBCの料金

TBCスーパー脱毛
コース名
ビジター価格メンバー価格
プレーンゾーン
(両ワキや両ヒジ下、両ヒザ下)
1本130円1本108円
デリケートゾーン
(顔やえりあし、首、両手足の甲・指)
1本143円1本119円

※料金は全て税込みです。
※メンバー入会は「入会金12,960円」「入会事務手数料3,240円」が必要です。

ほくろ部分は脱毛できるの?取る?そのまま残す?ほくろと脱毛まとめ

ほくろ部分は脱毛できるの?取る?そのまま残す?ほくろと脱毛まとめ

 
今回の記事ではほくろ部分の脱毛について、次の内容をご紹介しました。

この記事のポイント!

  • ほくろ部分の脱毛に注意を払わないといけない理由
  • 「光脱毛」「医療脱毛」対応の違い
  • 脱毛でほくろは消えるのか?ほくろと脱毛Q&A
  • ほくろ除去と医療脱毛について

脱毛を受けてムダ毛処理から解放されると、「自由に使える時間が増える」「自己処理のダメージから解放され、お肌本来の美しさに戻る」というメリットがあります。

もし、あなたが「ムダ毛」「ほくろ」をコンプレックスに感じているなら、そのコンプレックスを解消することができます。

今回の記事で「脱毛やってもいいかな・・・」と感じた方は、ぜひ「クリニック」「脱毛サロン」を検討してみてくださいね!

もう一度おすすめ「クリニック」「脱毛サロン」を見たい方はこちらをどうぞ!
※リンククリックorタップで「クリニック」「脱毛サロン」の紹介にスクロールします。