介護脱毛とは?将来の介護に備えVIO脱毛をする人が急増中

介護で重要になってくるのが「排泄」の問題です。

排泄の介護を受ける際アンダーヘア(VIOライン)を見られることになりますが、「恥ずかしい」「キレイにしておきたい」と思う方は多くいらっしゃいます。

そのため将来に備えて介護脱毛をされる方が急増しています。

この記事ではそんな介護脱毛について、メリットや脱毛の仕組みを解説します。

介護脱毛とは?

介護脱毛は、将来、自分がだれかに介護される立場になったときに備えて準備のためにおこなう、主にアンダーヘアの脱毛のことです。

介護脱毛にはもちろん自分自身のためのエチケットや美容の目的もあります。

しかし、どちらかというと、いつの日か自分の介護をまかせることになる家族や介護士たちの仕事の手間を軽くするための思いやりの意味が強くなっています。

親の介護を経験したことのある40~50代の女性を中心に、介護脱毛を受ける人たちが増えているのです。

介護される側のムダ毛のトラブル

女性のデリケートゾーンはおりものや排泄物にさらされるので、そもそもムレやすいパーツです。

若いあいだは自分でケアできるので、清潔に保つこともかんたんでしょう。

しかし、年齢を重ねて介護される立場になってしまったら第三者にまかせることになります。

もしも、寝たきりになって自分で排泄することがままならなくなったら、オムツをつけることになりますよね。

オムツの中にキープされた尿や便はデリケートゾーンにも密着するため、場合によっては局部やムダ毛の中にも入り込んでしまうこともあるのです。

そうなると当然、感染症などにかかるリスクも高くなってしまいます。

また、介護されるときの室内には照明が必要なので、明るいところで自分のデリケートゾーンをあらわにしなければなりません。

介護される立場になってしまったら、それを避けることは難しくなります。

しかし、介護脱毛をおこなってムダ毛がきれいに処理されていたら、そのような恥ずかしい気持ちを軽減することもできるのではないでしょうか。

排泄の介護をする側の負担

介護脱毛は、介護する側の負担を少なくすることにもつながります。

介護者はオムツを交換するたびに、局部についた排泄物を拭き取らなければなりませんよね。

デリケートゾーンの毛にからみついた便を取り除くのは、時間も手間もたくさんかかる作業です。

しかし毛がない状態でしたら手入れがかんたんになり、手間が省けるので介護もらくになります。

毛がなければ排泄物の拭き残しも起こりにくくなるので、衛生面でもメリットが大きくなります。

デリケートゾーンのムレも防いだり、清潔に保ったりしやすくなるので、局部に感染症が起こるリスクを低くすることも可能です。

介護脱毛はアンダーヘアが白髪になるとできない

いざ介護される立場になってしまったときにアンダーヘアが処理されていると、介護してくれる人にとってはもちろんのこと、介護される側にもメリットが大きいことを自覚している人はたくさんいます。

ただ、40~50代の女性が高齢者のカテゴリーに入るのは10~20年先のことなので、まだ自分には必要ないとつい考えてしまいがちです。

いつかは介護脱毛をしたいけれど、いざ介護が必要になってからすればいいと思い込んでいる人もいます。

しかし、実はアンダーヘアが白髪になってしまうと、もはや脱毛はできなくなってしまうので、介護脱毛をはじめるタイミングを逃さないように注意が必要なのです。

白髪になるとアンダーヘアの脱毛ができない理由

脱毛は、一般的に毛の黒い色素細胞に反応するメカニズムを利用した機器でおこなわれています。

白髪になってしまうと、毛根から色素細胞はなくなってしまいますよね。

すると脱毛機器でレーザーや光を照射しても反応しなくなるので、脱毛効果も期待できないのです。

アンダーヘアの白髪の原因

アンダーヘアが白髪になる主な原因のひとつは、髪の毛と同じように加齢です。

毛に色を付ける働きをする細胞であるメラノサイトは、年を重ねるにつれて衰えてしまうのです。

その結果として、アンダーヘアにも白髪が混じるようになります。

そのほかにも、不規則な生活や睡眠不足、強いストレスなども関係しています。

偏った食生活もよくありません。

自律神経がバランスを崩しがちになるので血行不良を引き起こし、ひいては白髪を増やす原因になってしまうのです。

アンダーヘアとVIOラインとは

ここでは介護脱毛で重要になる次のポイントについて、解説をします。

介護脱毛のポイント

  • VIOラインとは
  • デリケートゾーン(VIOライン)の脱毛方法
  • 介護脱毛の痛み

VIOラインとは

アンダーヘアはその形状から、3つのアルファベットを使ってVIOであらわされています。

Vラインはビキニラインとも呼ばれているパーツです。

足をそろえて立ったポジションのときに、正面から見えるアンダーヘア全体をさします。

Iラインは、性器の両サイドにあたる部分のことです。

そしてOラインは肛門周辺を意味しています。

IラインとOラインは自分では見えにくい場所ですが、介護脱毛を意識するならば欠かせないパーツといえるでしょう。

デリケートゾーンの脱毛パターンとしてメジャーなスタイルには、大きく分けて2種類あります。

VIOすべてのゾーンを残らず無毛にする

そのうちの一つはVIOすべてのゾーンを残らず無毛にして、ツルツルにしてしまう脱毛です。

アンダーヘアをなくしてしまうので、ムレが気にならなくなります。

無毛だと排泄のときに排泄物がついてしまう心配がないので、局部を清潔に保てるようになります。

臭いの悩みを軽くすることも可能です。

もちろん、美容面でのメリットも無視できません。

VIOゾーンの脱毛をしてあると、たとえば、どんなデザインの水着でも自信を持って着こなせるようになります。

Tバックのショーツも、かっこよく身に着けることができるでしょう。

また、ムダ毛の自己処理をする必要がなくなるので肌に与えるダメージが減り、デリケートゾーンの肌荒れを少なくすることにもつながります。

ただ、脱毛した部分のヘアは生えてこなくなります。

つまり、VIO脱毛ではVラインのヘアがなくなるわけです。

そうなると、以前とは印象も変わるので、その点をよく考えてから決めましょう。

脱毛するパーツが3カ所になるので、その分、施術にかかる期間も長めです。

Vラインを残しIラインとOラインをツルツルにする

Vラインは残して、IラインとOラインをツルツルに脱毛する方法もあります。

その場合、Vラインは残しますが、ボリュームを減らしたり形を整えたりすることも可能です。

Vラインのアンダーヘアはあっても性器と肛門の周囲のムダ毛は処理されて無毛状態になるので、衛生的な状態をキープすることが可能です。

介護を受けることになったときにも、介護者の手間を軽減できます。

IO脱毛のデメリットはVIO脱毛にもあてはまるのですが、脱毛してもらうときには、相手はプロとはいえ施術者に局部を見せることになるため恥ずかしさを感じる点です。

介護脱毛の痛みについて

脱毛サロンの光脱毛の場合、痛みは少なく耐えられないということはほとんどありません。

一方医療脱毛クリニックの医療レーザー脱毛は、輪ゴムで弾いたような痛みを伴うことがあります。

しかし、医療脱毛クリニックでは麻酔を使うことができますし、痛みの少ない脱毛機を採用するようになり、痛みの少ない介護脱毛も可能になりました。

痛みが怖い方は施術回数はかかってしまいますが、脱毛サロンの光脱毛をおすすめします。

痛みに耐性があり高い脱毛効果を得たい方は、医療脱毛がおすすめです。

介護脱毛におすすめの医療脱毛クリニック

レジーナクリニック

月々6,300円バナー

レジーナクリニックのおすすめポイント

レジーナクリニックはVIO脱毛だけでなく、全身やその他の部位も料金が安くなっています。

実際にレジーナクリニックは人気の医療脱毛クリニックで、介護脱毛に利用される方も多くいらっしゃいます。

VIO脱毛だけでなく他の部位も脱毛したい、といった場合もおすすめの医療脱毛クリニックです。

>> レジーナクリニック公式サイト&カウンセリング予約はこちらから!

レジーナクリニックの料金

セットプラン 5回コース コース終了後1回
VIO脱毛セット 84,000円 21,000円

※料金は全て税別です。

レジーナクリニックの詳細はこちらの記事をどうぞ!

リゼクリニック

スタンダード総額

リゼクリニックのおすすめポイント

リゼクリニックのVIO脱毛では、利用者のニーズに応じ6種類ものデザインが用意されています。

6種類のデザインの他にも「Vは形を整えIOのみツルツルにしたい」「全部ツルツルにしたい」など、希望をヒヤリングした上で介護脱毛を始められます。

また、アンダーヘアは毛が太く濃いため、比較的、施術回数がかかる部位です。

リゼクリニックはコース完了後の追加は「通常料金の半分以下」で受けられるので、料金を抑えつつ脱毛をしっかりと終わらせることができます。

>> リゼクリニック公式サイト&カウンセリング予約はこちらから!

リゼクリニックの料金

セットプラン 5回コース コース終了後1回
VIO脱毛セット 92,800円 14,400円

※料金は全て税別です。

リゼクリニックの詳細はこちらの記事をどうぞ!

他の医療脱毛クリニックについて知りたい方は、こちらの記事をどうぞ!

脱毛サロンについて知りたい方は、こちらの記事をどうぞ!