脱毛でニキビはできにくくなる?治る?徹底調査しました!

 
ここ数年で脱毛サロン・クリニックで脱毛する女性が増えてきています。

その中で、「顔」を脱毛する方も増えてきているようです。

顔は、全身の中でもデリケートな部位です。

顔を脱毛する場合は、メリット・デメリット、安全性、どの方法がいいのかしっかり調べたいですよね。

脱毛で顔の産毛を処理するメリットには、次のようなものがあります。

メリット

  • お肌に透明感が出る
  • 毛穴が引き締まる
  • お化粧のノリが良くなる

どれも女性にとって嬉しい美肌効果ですよね。

顔を脱毛するには、様々な方法があります。

その中からいくつかご紹介します。

顔脱毛の方法

  1. 毛抜きによる自己処理
  2. 家庭用脱毛器(光、レーザー、引き抜くタイプなど)による自己処理
  3. 脱毛サロンでの光脱毛
  4. クリニックでの医療用レーザー

自分のお肌に合った脱毛方法で処理するようにしましょうね。

多くの方が悩んだことのある「ニキビ」。

今回は、顔の脱毛とニキビに関する事をお話ししていきたいと思います。
 

顔脱毛する事でニキビができにくくなる!?

顔脱毛する事でニキビができにくくなる!?

 
顔を脱毛する事でどのようなメリットが得られるかここでご紹介したいと思います。

また、ニキビの予防において大切なことについてまとめました。

顔脱毛のメリットについて

顔の脱毛をする事で得られるメリットの一つに、「毛穴が引き締まる」というものがあります

これは、顔の産毛がなくなるからです。

毛穴が引き締まると、毛穴の影が見えにくくなります

その結果、お肌が綺麗に見えるのです。

また、お肌のキメが整います。

化粧水や乳液などがお肌に浸透しやすくなります

化粧品を変えていないのにお肌の調子が良くなるなんて、とっても嬉しいですね。

顔はデリケートな部位です

そのため、ニキビなどの肌トラブルが気になって、顔の脱毛がなかなか始められないという方も多いのではないのでしょうか。

顔の産毛は、雑菌がついて繁殖しやすいようです

しかし、顔の産毛がなくなると、毛穴は清潔な状態を保つ事ができるようになります。

こうなると、ニキビや吹き出物ができにくいお肌に改善されます。

ニキビ予防のカギは「毛穴」

毛穴が開いてしまう原因は次の3つの事が考えられます。

3つの原因

  • 乾燥・肌荒れ
  • 分泌され過ぎた皮脂
  • 押し広げられた毛穴

皮脂不足が原因で、お肌の乾燥や肌荒れが起こってしまいます

邪魔だと思われがちな顔の脂も、必要なものだったのですね。

逆に、過剰に皮脂が分泌されると、ほこりや雑菌と混ざり合い酸化した老廃物となります

これが毛穴を押し広げてしまいます。

また、顔の産毛も毛穴を押し広げて出ている事も、毛穴が開く原因となります。

「皮脂腺」と呼ばれる組織は、その名の通り皮脂を分泌します

この皮脂腺は、毛穴の表面近くに広がっています

そのため、毛穴にほこりが付いて雑菌が繁殖しやすくなります

こうなる事でニキビができてしまいます。

ニキビを予防するために重要な事は、次の2点です。

ニキビ予防のために

  • 毛穴が詰まらないようにする
  • 毛穴を引き締める

この2点に気をつけて毛穴のケアをするようにしましょう。

顔脱毛する事でニキビが増える!?

顔脱毛する事でニキビが増える!?

 
顔を脱毛すると、可能性は低いですがニキビが増えてしまう事もあるようです

その原因について調べました。

また、脱毛とニキビが悪化する関係についてもまとめました。

一時的に「好転反応」でニキビが悪化する事がある

顔の脱毛をすると、一時的にニキビが悪化してしまう方がいるようです

これは、身体が新しい刺激に対して反応しているという現れで、身体が慣れるまでの一時的なものです

この現象を「好転反応」といいます。

医療用レーザー脱毛の場合は、毛根に対してレーザーを照射して脱毛します

そのため、毛根の燃えカスのような物が毛穴に詰まってしまう事があります。

開いた毛穴に雑菌や燃えカスが詰まり、毛包炎というニキビに似たような症状が出ることがあります

ひどい場合は、痛みが出て、化膿してしまう事もあります

そのため、ニキビがひどくなってしまった・・・、と感じる方もいらっしゃいますが毛包炎とニキビは別の物です。

光脱毛の場合も、毛根に対して光を照射して毛を細く弱くしたり、生えにくくします

場合によっては生えなくなる方もいらっしゃいます

特徴は、医療用レーザーと比べると照射する光の出力が低く、痛みが少なくお肌に優しい事です。

医療用レーザー脱毛や光脱毛をした後にお肌の新陳代謝が高まって、好転反応でニキビができてしまう方もいらっしゃいます

しかし、そのニキビはもともとお肌の中にあった物です。

しばらくすれば症状が落ち着いて、ニキビは出てこなくなるので安心してくださいね。

顔の脱毛をしたことでできてしまったニキビは自然に良くなります

しかしデートや写真撮影など、ニキビができたら困るような大事な予定を控えている場合は、直前の顔脱毛は避ける事をおすすめします。

ニキビが悪化してしまうのはなぜ?

顔の脱毛はニキビの予防に効果的です

しかし、すでにできてしまっているニキビには逆効果になる事が多いようです。

ニキビは、熱が原因で炎症がひどくなる場合があるからです

医療用レーザー脱毛はもちろんのこと、痛みが比較的少なくお肌への負担も少ない光脱毛でも、60度以上の高温で毛根にダメージを与えます

そのため、皮膚が熱を持ってしまいます。

すでに赤くなって炎症が起きていたり、化膿しそうになっているニキビがある時に顔の脱毛をすると、熱によって悪化してしまう事が非常に多いので注意するようにしましょう。

顔の脱毛を予約した当日にニキビ・吹き出物などができてしまった場合は、炎症が起きている部分は避けて施術を行います

しかし、それでも悪化してしまう事もある事を知っておいた方がいいでしょう。

ニキビがあると顔の脱毛ができないの?

ニキビがあると顔の脱毛ができないの?

 
ニキビができている時でも、状態によっては脱毛が可能です。

そして、顔の脱毛は「産毛がなくなる事」だけがメリットではないのをご存知でしょうか?

おすすめの脱毛方法もご紹介します。

顔脱毛はニキビが化膿していなければできる

まだ炎症が起きていない白ニキビや黒ニキビの段階であれば、顔の脱毛を受けられるケースがほとんどのようです。

炎症が起きている・化膿しているニキビがある場合は、お肌全体がとても敏感になっている状態です

脱毛方法によっては、脱毛サロン・クリニックで断られてしまう場合があります。

事前に確認をする事をおすすめします。

顔脱毛するとニキビ跡が薄くなることも

顔の脱毛は、ニキビ跡があってもできます

顔脱毛のメリットは、ニキビの予防・改善だけではありません

ニキビ跡が薄くなることもメリットの一つとして挙げられます。

顔を脱毛すると、産毛の影が目立たなくなります

そのため、お肌の色がワントーン明るくなります

こうなると、薄化粧でもお肌が綺麗に見えます。

お化粧をしっかりすればするほど、お肌には負担がかかってしまいます

きちんと落とさないとお肌のターンオーバー(新しい角質ができて古い角質が押し出される事)が乱れがちになります

そのため、ニキビ跡が消えにくくなってしまうのです。

顔脱毛におすすめの方法

顔の脱毛におすすめなのは、医療用レーザーの一つの「アレキサンドライトレーザー」です。

ムダ毛の黒い色素(メラニン)に反応して、毛を作る毛乳頭にレーザーを照射して破壊する事で、ムダ毛を生えなくする脱毛方法です。

顔の産毛など、細い毛であっても効果があります

体毛が薄い・毛の色素が濃いといった、日本人に合った高い効果が期待できる脱毛方法です。

アレキサンドライトレーザーは、シミやニキビ跡などの皮膚の治療でも使用されています

そのため、次のような方でも安心して脱毛する事ができます。

安心して脱毛できます

  • 皮膚が弱い方
  • 敏感肌の方

レーザーの照射温度は脱毛サロンで使用されている光よりも高いですが、レーザー照射と同時に冷却ガスをお肌に当てて、身体に当たる熱を飛ばします

感じる痛みは、ゴムで弾かれたと感じる程度です。

脱毛するとニキビが増える?できにくくなる? まとめ

脱毛するとニキビが増える?できにくくなる? まとめ

 
顔の脱毛とニキビに関するお話をしました

顔の脱毛をすると、毛穴を押し広げてしまう産毛がなくなります。

そのため、毛穴が引き締まり、毛穴に皮脂やホコリが詰まりにくくなります。

お肌が綺麗になるため、薄化粧で済みお肌への負担が少なくなります

そのため、ニキビ跡の色素もより早く消えていく事が期待できます。

炎症が起きている・化膿したニキビがあるなど、お肌の状態によっては脱毛ができない場合もあります

脱毛をする前に必ずカウンセリングなどで見てもらうようにしましょうね。

また、目の周り、鼻の穴、唇の際など粘膜に近い部位のため脱毛ができません。